《犬に与える食べ物》犬に桃は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬に桃は与えても大丈夫?

夏に旬を迎える桃は、ケーキなどのスイーツやお菓子・ジュースなど、いろいろな場面でお世話になっていますね。

とても甘い香りで、愛犬も高確率で反応しておねだりしてくる果物だと思います。

そんな桃ですが、犬が食べても大丈夫でしょうか?

《犬に桃は与えても大丈夫?》

答えは△!

食べさせ方や量を守ればなんの心配もなし!ただし種は絶対にあたえないでください!

桃には、犬にも有益な栄養が豊富に含まれています。

ただし、種の部分は危険なため、種は必ず取り除いて食べさせましょう。

《犬が桃を食べる時の良い点(メリット)》

桃は水分補給になり、夏バテに効果があります

桃は約90%が水分であるため、水分補給になります。

犬にとっても食べやすい果物であり、シニア犬や子犬も苦労することなく食べることが可能です。

《桃に含まれる栄養》

桃には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますが、特にビタミンEが豊富です。

  • ビタミンC(水溶性:水に溶ける)
    • ★抗酸化作用
    • 犬の老化を防止する効果が期待できます。
    • 犬はビタミンCを体内でつくることが可能ですが、シニア犬や体の弱い犬は、多くのビタミンCが必要なため、外から取り入れる必要があります。
  • ビタミンE(脂溶性ビタミン:油と-緒に摂ることで吸収されやすい)
    • ★抗酸化作用
    • 血管や細胞を保護する役割があり、血流が改善する効果があります。
    • シニア犬や体の弱い犬に取り入れさせたい成分です。
  • カテキン
    • お茶にも含まれているカテキンはポリフェノールの一種。
    • 動脈硬化や心臓病・抗がん作用、抗酸化作用、血管・血流の改善に良いと言われています。
  • カリウム(熱に弱い、摂取しすぎ注意)
    • ★利尿作用
    • 体内の不要な塩分を排出する効果があります。
    • 脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。
    • 風邪や動脈硬化の予防にもなります。
    • 与えすぎると、高カリウム血症などの原因になってしまいますので注意してください。
  • 食物繊維
    • ★便秘改善、※摂取しすぎ厳禁
    • 整腸作用抜群!特に便秘に有効!腸内を洗浄し便通を促します。ただし、摂り過ぎと下痢や軟便の原因になります。
  • ビタミンB1(水溶性:水に溶ける)
    • 糖質などの炭水化物をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の健康を保護してくれます。
  • ビタミンB2(水溶性:水に溶ける)
    • ★疲労回復の効果
    • 犬の皮膚や被毛の保護する効果が期待できます。
    • 脂肪の燃焼を助けて、エネルギーを作り出してくれる効果があります。
  • ビタミンB3(水溶性:水に溶ける)
    • ★精神安定の効果
    • ★二日酔いを防ぐ効果
    • 糖分や脂質、アルコールを分解して、エネルギーを産生させるために、ナイアシンが関わっています。
    • とても重要な成分で、ナイアシンが不足すると、さまざまな健康障害を引き出してしまいます。
    • また、血液の循環を促進して、肌や被毛の健康を保持する働きがあります。
    • ナイアシン(ニコチン酸、ニコン酸アミド)と呼ばれています。
    • ★貧血を予防する効果
    • 赤血球を作り出すときに鉄が活躍しますが、その効果を助けてくれる効果が銅にはあります。
    • 銅には、抗菌・抗ウイルスの効果があり、体内の免疫力向上に一役買ってくれます。

《犬が桃を食べる時の悪い点(デメリット)》

桃にも注意する点や、リスクもあるようなので見ていきましょう。

《犬に桃を与えるときの注意点》

成熟した桃の実のみ与える

成熟した桃の実だけを食べさせるようにしてください。

与え方さえ守っていれば必要以上に神経質になる必要はありません。

桃の「種」は絶対に与えない!

種に関しては、下手をすると命を落としてしまいます!

まず皮を剥いたら、必ず一番に「種」を片付ける事を心がけてください!

桃の種や未成熟の実には「アミグダリン」という青酸系の毒が含まれています。

消化分解される際、体内で青酸化水素を発生させる物質が含まれている。

また、桃の実にも微量のアミグダリンが含まれております。さらに、種が喉や腸管に詰まってしまうこと恐れもあります。

はじめにも言いましたが、桃の種と未成熟な実は絶対に食べさせてはいけません!

  • アミグダリンは実が完熟になるにつれ、成分は少なくなっていきます。
  • 一般的に販売されている桃は成熟した安全なものなので、危険性は下がりますが注意は必要です。
  • 致死量は60mgで、ほぼ1個与えた程度では問題にはなりませんが、個体差・体調などにも影響されるようです。
  • 飲み込んでしまった場合は、ウンチと一緒に排出したかを確実に観察しましょう。
  • ワンちゃんの体格によって、明らかに排泄されないと分かる時や食欲がなくなったり、激しい嘔吐がおきたり、血便などの異常が見られる場合は直ぐに病院へ!放っておいても桃の種は消化できません!

桃は高カロリーです

桃は糖分が多く、高カロリーで100gあたり40kcaもあります。
肥満の原因にもなるため、与えすぎに注意してください。

桃の缶詰は糖分がいっぱい!

桃の缶詰などは、シロップに大量の砂糖が使用されており、糖分の過剰摂取になります。
肥満や虫歯の原因になりますので犬には向きません。

与えすぎに注意!

桃などの果物類は非常に多くの水分と繊維質を含んでいるので、軟便や下痢になりやいため、与えすぎには注意してください。

桃サイズ大で8分の1個、小16分の1個あたりが参考値。

良く冷えた桃より、常温の桃の方が消化には良い

桃の皮は与えないように

桃は皮のまま食べさせてもそんなに問題はありませんが、大きな種は喉にひっかかったり、腸に残ってしまったりする可能性があります。

また、残留農薬がついていると消化しづらいので、皮は基本的にはむいてから食べさせましょう。

《犬に桃を与える時の食べさせ方や調理方法》

皮をむいて、種をきちんと取り除いて、食べやすい大きさにカットしましょう。

また、糖分が多いため、食べ過ぎると肥満・虫歯・腎臓病の原因にもなるので、1カット程度にしてあげましょう。

どのくらいの量与えてもいいの?

個体差や相性にもよりますが、目安は20g程度(人間の一口大サイズ2口分)にあたります。

《アレルギーについて》

桃は比較的アレルギー反応が出やすい果物で有名です。

免疫力の弱い犬に桃を食べさせる場合は、慎重に様子を見ながら少量ずつ食べさせてください。

アレルギーでなくても、水分と繊維質が多いので、一時的に軟便や下痢になる場合があります。

桃を与えるときは、少量を与え様子を見ながら与えるようにしてください。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 痒み
  • 元気がなくなる
  • 目の充血
  • 湿疹
  • 蕁麻疹(じんましん)

《犬に桃を与える場合のまとめ》

少量与える程度ならちょうどよいご褒美になるかと思います。

被害を少なくするためにも、愛犬に初めて桃を食べさせる場合は、ひとかけら程度を食べさせ、アレルギー反応がないか、軟便になっていないかをよく観察してくださいね!

そして、少しずつ適量まで増やしていくというサイクルを身につけましょう。

愛犬にいろんなものを食べさせてあげたいと思う気持ちは、同じ飼い主としてわかりますが、本当に大切と思うのであれば、食べ物の良し悪しを確実に理解しておく必要が不可欠です!

そのため、犬に桃を食べさせる場合は、完熟した桃の、皮と種を取り除いた実の部分のみを、少量あたえる程度にしておきましょう。

犬はもともと肉食に属しているので、基本は必要のない食べ物です。そのため、かならず必要な栄養ではなく、さらに犬はドッグフードという総合栄養食でしっかり栄養を補給できています。

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事