《ミニピン》の愛称で親しまれている「ミニチュアピンシャー」(Miniature Pinscher)

《ミニピン》の愛称で親しまれている「ミニチュアピンシャー」(Miniature Pinscher)

「ミニピン」の愛称で親しまれているミニチュアピンシャーは、小柄ながらも引き締まったカッコイイ容姿は違い、好奇心旺盛でいたずらっ子な面を持ち合わせているかわいらしい犬種です。

今回は、そんなミニチュアピンシャーの魅力を調べてみました!参考にしてみてくださいね。

《犬(ミニチュアピンシャー)データ》

「ミニチュアピンシャー(英名:Miniature Pinscher)」はドイツ原産の小型犬種です。

  • 英語表記 Miniature Pinscher
  • 原産国 ドイツ
  • サイズ 小型犬
  • 体高 26cm~32cm
  • 体重 4kg~5kg

《ミニチュアピンシャー歴史(ルーツ)》

「ミニピン」の愛称で親しまれているミニチュアピンシャーは、その見た目から小型化された「ドーベルマン・ピンシャー」と考えられがちですが、原産国は同じドイツといえども全く別の犬種です。

「ミニチュア・ピンシャー」は、「ドーベルマン・ピンシャー」より100年も前から存在しています。

祖先とされる犬種は、中型犬の「ヘル・ピンシェル」であり、「ドーベルマン・ピンシャー」と同じ祖先にあたります。

ネズミなどを駆除するために、「ヘル・ピンシェル」とダックス・ジャーマン・ピンシャーなどの小型犬と掛け合わせていき、19世紀ごろに、現在のミニチュア・ピンシャーの形になったようです。

ドーベルマンと同じように、ミニチュア・ピンシャーも多くの国で断尾や断耳の習慣が現在も続いています。

最近では、ドイツなどのヨーロッパ圏では動物愛護精神により、20世紀後半以降、断尾・断耳を禁じています。

ミニチュアピンシャーの名前について

「ピンシャー」とは、ドイツ語でテリアの意味となります。

原産国のドイツでは、見た目が小鹿に似ていることから、「レイ・ピンシャー(レイはドイツ語で小鹿)」と呼ばれています。

また、「ミニピン」という愛称は、実は日本だけではなく、英語圏でも「min-pin」という愛称で呼ばれることがあります。

《ミニチュアピンシャーの特徴》

ミニチュアピンシャーは、「小さいドーベルマン」と表現されることがありますが、ドーベルマンを小型化した犬種ではありません。

ほどよく引き締まったスリムな体型をしており、全身が滑らかな短毛で覆われています。

また、耳はピンとたっているタイプと、垂れ耳になっているタイプがあります。

ドイツでは、骨太で耳がピンとしていますが、アメリカ系のピンシャーは、アメリカ独自で改良されてきたため、耳が立ちにくく垂れ耳になっているようです。

ミニチュア・ピンシャー独特の「ハックニー」

代表的な特徴として、ミニチュア・ピンシャーの独特な歩き方「ハックニー」があります。

前足を高く上げて馬のように歩く姿は、とてもかっこよく映ります。

前足を高く上げて歩く姿を「ハックニー」と言いますが、贅肉のない引き締まった体とこの独特の歩様により、優美で洗練された印象があります。

また、「伏せ」などの姿勢でも、馬や鹿のように前足を折りたたんで座るのもミニチュアピンシャーの特徴と言えます。

《ミニチュアピンシャーの大きさ(サイズ)》

体長と体高がほぼ同じ長さのスクエアな体型です。

体高:25~30cm、体重:4~6kg
※理想の体高は25~30cm、体重は4~6kgとされています。

《ミニチュアピンシャーの被毛、毛色(何色・何色)について》

ミニチュアピンシャーの被毛

ミニチュアピンシャーの被毛は、短毛のシングルコートで、全身が滑らかなで覆われています。

短くてなめらか上毛があり、やわらかな下毛があります。

ミニチュアピンシャーの毛色

単色と2色のバイカラーがあります。

レッド系、ディアー・レッド(赤っぽい茶色)、レディッシュ・ブラウン(赤みがかった茶色)、ダーク・レッド・ブラウン(こげ茶色)
バイカラーは、ブラック&タン、チョコレート&タンがあります。

《ミニチュアピンシャーの性格》

ミニチュアピンシャーは、とても陽気で活発な犬種でありますが人見知りをする性格です。

また、番犬としてもとても優秀であり、勇敢で警戒心が強いため、しつけが十分にされていないと、攻撃的で誰にでも向かっていくので、訪問者に怪我をさせてしまうことがあります。

そのため、ミニチュアピンシャーは特に社会性を身につける訓練を欠かさないようにしましょう。

しかし、飼い主や家族に関しては従順で愛情深いので、しつけがきちんとできれば飼いやすい犬種となります。

《ミニチュアピンシャーの飼い方や日々のケアについて》

ミニチュアピンシャーの飼い方

勇敢で気が強い性格をしているので、飼い主との信頼関係が必須となります。

護衛犬や警察犬としての資質があるので、あまり甘やかさずにけじめのある態度で接する事が大切です。

また、皮下脂肪が少なく寒さにとても弱いので、冬は服を着せてあげることをオススメします。

日々のケアについて

被毛は短くシングルコートですが、一般的なシングルコートの犬種と違いミニチュアピンシャーは被毛がよく抜け落ちます。

そのため、お手入れは難しくありませんが、こまめにブラッシングをしてあげましょう。

犬種的に皮ふが弱い分類に入りますので、皮ふへの負担が少ないブラシを使用してブラッシングしてあげてください。

また、シャンプーは月に1~2回程度してあげましょう。

《ミニチュアピンシャーのしつけについて》

ミニチュアピンシャーは、遊びが大好きでいたずらな面があり、別名「脱走の芸術家」と言われています。

また、番犬として非常に優秀ですが、勇敢で攻撃的な面を持ち合わせているので、好奇心のままにどこかに飛び出してしまうということのないように、しっかりとしつけておき、飼い主との主従関係をしっかりと築いておかなければなりません。

前項でも述べたように、社会性を身につける訓練は欠かさないようにしましょう。

《ミニチュアピンシャーの散歩や運動について》

ミニチュアピンシャーは、運動神経がよく大型犬に負けないくらいの体力を持ち合わせているので、かなりの運動量が必要になります。

1日2回、30分~1時間前後、散歩(運動を交えるのがなお好ましい)や室内での遊びも取り入れて、しっかりと運動させるをするようにしましょう。ドッグランにも連れて行ってあげることで、ストレスの解消にもなります。

また、ジャンプ力が高いので、少しの高さの物であればすぐ届いてしまいます。

食べたら危険な食べ物も、誤食してしまわないように十分に気をつけて保管しましょう。

《ミニチュアピンシャーの気を付けたい怪我、病気》

ミニチュアピンシャーは、見た目の通り脚は細く弱いので、高い所から飛び降りたりすると、脚・腰に負担がかかってしまいます。

その細く華奢な脚のわりには、並外れた運動量と跳躍力があるため、骨折などのけがをすることが多いです。

対策としては、ソファやベッドなどの高いところから飛び降りないようにすること、もう一つは肥満にならないようにすることが大切です。

また、寒さにかなり弱いので、冬場は服を着せてあげたりして寒さ対策をしてあげましょう。

  • 外耳炎:垂れ耳の犬種に多くみられます。
  • 皮膚炎:ミニチュアピンシャーは犬種の中でも、皮ふが弱い部類に入るので十分手入れをしてあげてください。

ほかには、椎間板ヘルニア、耳介辺縁皮膚症(皮ふ疾患)、大腿骨骨頭壊死(レッグ・ペルテス)、糖尿病、白内障、尿結石など。

ミニチュアピンシャーの平均寿命

寿命:平均12年~14年
小型犬の中では長寿の部類に入ります。
※犬の年齢についての記事も参考にしてください。

《ミニチュアピンシャーの値段・価格帯》

ミニチュアピンシャーの相場価格は、15万円~25万円程度

メスの個体や、タンなどで値段が上昇することもあります。

血統・顔・毛色・体の大きさや月齢などで変化します。

《ミニチュアピンシャーについてのまとめ》

元気いっぱいで愛らしく、番犬としても優秀な犬種です。

ドーベルマンの小型と言われておりよく間違えられる犬種です。

何よりも長寿なのが、嬉しいです!

気の強い性格ですが、飼い主としっかり主従関係ができているととても飼いやすく、体力もあるので、愛犬と一緒にいろいろなところに行きたいと思う方にはうってつけだと思います。

犬の種類カテゴリの最新記事