《犬の種類》「理想的な家庭犬」として知られる初心者にも飼いやすい「キャバリア」(Cavalier King Charles Spaniel)

《犬の種類》「理想的な家庭犬」として知られる初心者にも飼いやすい「キャバリア」(Cavalier King Charles Spaniel)

《犬(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)データ》

  • 「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(英名:Cavalier King Charles Spaniel)」はイギリス原産の小型犬種です。
  • 英語表記 Cavalier King Charles Spaniel
  • 原産国 イギリス
  • サイズ 小型犬
  • 体高 31cm~33cm
  • 体重 5kg~8kg

《キャバリア歴史(ルーツ)》

キャバリアのルーツは「キング・チャールズ・スパニエル」という犬種であり、古くからの歴史をもっています。

イギリス原産の「キャバリア」の正式名称は、「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」と呼ばれています。

ルーツは、小型のスパニエル犬種である「トイ・スパニエル」であり、犬を溺愛してきたと知られるイギリス王室と深い関わりを持っています。

特にチャールズ2世は、公務を忘れてしまうほど「トイ・スパニエル」を溺愛していました。

当初は、コッカー・スパニエルと似た外見だったようですが、19世紀ごろからヨーロッパでは、パグやペキニーズなどのマズルが短い短吻種が流行し、キャバリアも交配を重ねるごとに短吻のスパニエルに変化していきました。

その犬種は「キング・チャールズ・スパニエル」呼ばれるようになりました。

現在のキャバリアに比べ小さく、マズルが短い現存している犬種です。

しかし、短吻種であるためも起因して、いびきがうるさく、病弱であるという欠点を持ち合わせいます。

13世紀ごろの絵画には、祖先であるスパニエルが描かれていました。

しかし、愛好家が「キング・チャールズ・スパニエル」と、描写されているスパニエルが違うことに気づきます。

さらに、病弱である欠点も加わり、かつて王子に愛されたトイスパニエルを再度作り出そうとする運動がはじまりました。

交配が進められていき、次第に固定されてきたスパニエルに、中世の騎士を意味する「キャバリア」を追加して、「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」と命名されました。

犬種として登録された時期は、イギリスでは1945年、アメリカでは1996年となっていますが、1960年ごろには英国王室にも迎えられ人気が広まっていきました。

1945年以前までは、キング・チャールズ・スパニエルと同じ犬種と考えられていました。

「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」は、「キング・チャールズ・スパニエル」に比べマズルが長いのが特徴です。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴》

日本では、一般的にキャバリアと呼ばれています。

前項でも説明した通り「キャバリア」とは中世の騎士という意味があります。

少し大きめの小型犬で、体長は体高より長い。

垂れ耳で大きな目をしており、なめらかで長い被毛をしています。

足・耳・胸などに飾り毛があります。

キャバリア

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの大きさ(サイズ)》

小型犬としては、大きな部類に入ります。
体長は体高より長く、がっしりとしています。

  • 体高:30~33cm
  • 体重:5~8kg

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの被毛、毛色について》

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの被毛

被毛はダブルコートのため下毛が抜けますが、トップコートは床まで伸びる事はほとんどありません。

絹のような被毛をしており毛は長くありません。また、足元に羽毛のような長い飾り毛が生えています。

<キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの毛色>

基本の4種類があります。

  • ブレンハイム(ブレナム)
    • 白地に茶色の模様が入った、キャバリア独自の特徴的な色です。
    • 頭頂部に「ロザンシュ」と呼ばれるひし形の斑がある場合、かなり価値があるようです。
  • トライカラー
    • 赤褐色と黒、白の三色をしています。
    • 愛称「プリンス・チャールズ」と言われています。
  • ブラック&タン
    • 黒色で、タン・マーキングと呼ばれる赤褐色模様が、両目の上・頬、耳、胸、脚、尾にあります。
  • ルビー(レッド)
    • 鮮やかな茶色をしています。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格》

とても穏やかな友好的で優しい性格をしており、理想的な家庭犬として知られています。

元気で遊び好きでもあり攻撃的な所は全くなく、他の犬や他人・子どもに対しても平和的に接する事ができます。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼い方や日々のケアについて》

ブラッシングやコーミングはこまめにしてあげましょう。

被毛はダブルコートなので毛が抜けます。特に換毛期は抜け毛が目立ちます。

中には、ウェーブ掛かった巻き毛やくせ毛の個体も存在してり、全体的に被毛は絡まりやすいと言えます。

垂れ耳のため、耳の中が蒸れやすく、外耳炎になりやすい。

耳の中は清潔にしてあげましょう。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのしつけについて》

キャバリアは穏やかで、やさしい性格をしており社交性に優れています。

無駄吠えや噛み癖などの攻撃性が少ないので、比較的しつけも楽な犬種です。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの散歩や運動について》

犬の名前にある通り「スパニエル」は鳥猟犬であり、猟犬のグループになります。

小型犬の中でもそこそこ体力もあり遊び好きなため、毎日20~30分程度の散歩は連れていってあげましょう。

室内でも一緒に遊んであげることも大切です。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの気を付けたい怪我、病気》

僧帽弁閉鎖不全症

遺伝的に僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)が多く存在します。
通常は高齢犬に多い病気ですが、キャバリアは遺伝子疾患となるため、若いころからかかります。

  • 短頭種気道症候群
  • 脊髄空洞症
  • 乾性角結膜炎
  • 黒色被毛毛包形成不全
  • 水頭症
  • 軟口蓋過長症
  • 白内障・緑内障

平均寿命

寿命:平均9年~14年
小型犬の中では比較的長寿の部類に入ります。

犬の年齢についての記事も参考にしてください。
犬年齢について

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの値段・価格帯》

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの相場価格は、20万円~27万円程度

血統・顔・毛色・体の大きさや月齢などで変化します。

《キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルについてのまとめ》

おおらかな性格で、攻撃が少ないためしつけも入りやすいく、
飼いやすく「理想の家庭犬」として知られ、初心者でも比較的飼いやすい犬種ではないでしょうか?

いろいろな歴史やルーツを知る事で、少し見方も変わりますよね♪

か行(犬の種類)カテゴリの最新記事