《犬に与える食べ物》犬ににんにくは与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬ににんにくは与えても大丈夫?

にんにくは、私たち人間にとって害はなく、滋養強壮など体に良い成分がとても多く含まれています。

では、そんな栄養抜群のにんにくは犬に与えてもよいのでしょうか?調べましたので参考にしてみてください。

《犬ににんにくは与えても大丈夫?》

答えは、ほぼ×!
犬ににんにくは与えない方がよい!ニンニクの芽は特に危険!

にんにくには、犬にとって中毒成分となる成分が含まれているため、犬の体には合わないようです。

しかし、獣医さんや情報によっては、ニンニクに関しては賛否両論あるようでした。

一つの理由として、犬用のサプリメントやドッグフードにニンニクが入っているためで、与え方によっては体に良い影響はあるようですが、食べ過ぎると中毒症状を引き起こしてしまいます。

“犬に良い影響”とはあくまで適切な与え方という事が条件なので、素人である私たちは、リスクのある物をあえて与える事はしないほうが良いと思います。

《なぜ犬はにんにくを食べてはいけないのか?》

にんにくは、ヒガンバナ科ネギ属の多年草でねぎ(葱)やたまねぎ(玉葱)の仲間であり、中毒成分が含まれています。

そのため、食べ過ぎると中毒症状を引き起こしてしまいます。

関連記事:たまねぎは与えても大丈夫?

《にんにくに含まれる成分》

たまねぎ中毒の原因となる成分「有機チオ硫酸化合物」がにんにくにも含まれています。特にニンニクの芽が脅威です。

確かにたまねぎのように、中毒症状を起こす確率は高くありませんが、しっかり玉ねぎの成分は含まれています。

そのため中毒症状を起こしてしまうと、貧血や下痢、嘔吐など、いろいろな症状を引き起こしてしまい、最悪の場合死に至ります。

《犬がにんにくを食べると現れる症状》

犬がにんにくを食べると、どんな症状を起こすのでしょうか?

にんにくに含まれる「有機チオ硫酸化合物」は、人間は無害ですが、犬にとって危険な成分が含まれています。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 胃腸炎
  • 貧血
  • 血尿
  • 血便
  • 食欲不振
  • 血管内溶血
  • 衰弱
  • 意識障害

これらの症状が現れた場合はすぐに動物病院に連絡をしてください。

《犬がにんにくを食べると危険な量》

1kgあたり15~30g摂取すると、血液変化がみられるとの研究結果があります。

一般的に販売されているにんにくは、3~7gですので、大量の摂取をしない限り、重症化しないと考えられています。

中毒を引き起こすまでの量は、犬によってさまざま。

たくさん食べても平気な犬もいれば、少し食べただけで症状がでる犬もいます。
超小型犬など、体の小さな犬は大型犬に比べて体積が小さいため、危険度が高くなってしまいます。

もし、うっかりにんにくを食べてしまい、何か気になる症状があらわれた場合は、すぐに獣医に診てもらいましょう。

《犬がにんにくを食べてしまったら?》

にんにくを食べてしまった場合、たまねぎほどの中毒症状を引き起こす可能性が低いとしても、気になる場合は動物病院に相談することをおすすめします。

にんにくを食べた直後

口の中に残っているにんにくをすぐに取り出しましょう!
また、ガーゼなどを水で濡らし、犬の歯と歯間を丁寧に拭くことでエキスを取り除くことができる。

中毒症状がでていれば…。

放置すると死亡率が高くなるのですぐに病院に連れていきましょう!

動物病院へ相談

愛犬はにんにくを食べたことがわかれば、動物病院へ相談することをおすすめします。

その際は、生なのか?調理したものなのか?どのくらい食べ、犬はどんな状態なのかなど、できるだけ詳しく説明するようにしましょう。

《犬がにんにくを食べないよう注意すべき点》

有機チオ硫酸化合物は消滅しません

加熱しても加工しても消えませんので、にんにくが入った料理すべてには基本含まれていると考えていてよいでしょう。

にんにくを切ったまな板や包丁を使用して愛犬のごはんを作る。

犬がにんにくを食べてしまうケース

犬が畑で栽培している物を食べるというケースはあまりなく、ほとんどが飼い主に関係があると言われています。

料理の最中ににんにくなどを落としてしまうなどで、空腹や興味本位で飛んできたものを口に入れてしまうケースが多いといわれています。

犬用サプリ、ドッグフードにも含まれている場合もある

犬が食べても大丈夫なように加工されていますが、万が一食べたあとにいつもと違う様子があれば、すぐに動物病院に相談してください。

《まとめ》

いかがでしたでしょうか?
たまねぎの中毒については、みなさんご存じの方が多いと思いますが、意外な事に、にんにくは知られていないようです。

ただし、ネギ科の仲間だとしてもたまねぎに比べて中毒症状がでる確率が低いため、いままで愛犬が食べていたのに…。と感じる方もいるのではないでしょうか?

考え方によっては、にんにくを少量であれば食べても良いという意見もありますので、少し冷静に観察するようにしましょう。

ただし、気になる場合や少しでもおかしいと思ったら病院に連れていってあげてください。

この記事を読んでいただき、今後の参考にしていただけると幸いです。

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事