《犬に与える食べ物》犬にさんま(秋刀魚)は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬にさんま(秋刀魚)は与えても大丈夫?

秋が旬の魚ときいて、さんま(秋刀魚)はだいたいの人が思い浮かぶのではないでしょうか?

旬に食べる秋刀魚って特に、脂がのって美味しいですよね!

しかも、私たち人間にとっては栄養満点の食べ物です。

そんな美味しい食べ物は愛犬と一緒に味わいたいですよね。

そこで今回は、秋が旬の魚である「さんま(秋刀魚)」にスポットをあてました。

《犬にさんま(秋刀魚)は与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬にさんま(秋刀魚)を与えても問題なし!

犬にとっても必要な栄養素が豊富に含まれており、適切な食べさせ方をさせる事ができれば、犬にとっても嬉しい効果があります。

ただし、食べさせる際は骨が多いので、取り除いてあげましょう。

《犬がさんま(秋刀魚)を食べる時の良い点(メリット)》

さんまのような青魚には、脳の血流も活性化する効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

さらに、良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルが豊富に含まれているので、犬の認知症予防などの効果をはじめ、さまざまな良い効果をもたらしてくれそうです。

栄養素が壊れにくい

さんまは焼いて食べても、栄養素が壊れにくい特徴を持っています。

こんな愛犬にもオススメ

  • 認知症の予防
  • 緑内障や白内障の予防

《さんま(秋刀魚)に含まれる栄養素》

さんま(秋刀魚)ような青魚は、脳の血流も活性化する効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれております。

また、ビタミンやカルシウムをはじめとするミネラルも多いのでとても栄養バランスがよい食べ物になります。

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
    • 不飽和脂肪酸の一種。血液をサラサラにする働きがあり、脳の血流を活性化させて機能を向上する。
    • 記憶力・判断力など、加齢に伴い低下する空間認知力を維持するといわれていますので、老犬に特に必要です。
  • EPA(エイコサペンタエン酸)
    • 不飽和脂肪酸の一種。血管・血液の健康維持にとても重要。
    • 中性脂肪値を下げたり、血管を予防するなどの働きがある。動脈硬化などの病気の予防にもなります。
    • それでは、魚に含まれている具体的な栄養素をみていきましょう。
  • カルシウム
    • 骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。
  • ビタミンA(βカロテン)
    • 皮膚・被毛の健康状態を保つ効果があり、白内障の予防や角膜の健康維持にも効果があります。また、造血効果もあります。
  • ビタミンB12
    • 主に赤血球や神経細胞やたんぱく質の合成に関わっており「造血のビタミン」と言われており、貧血の予防にも役立ちます。
    • また、神経を正常に保つ効果があり、不眠を改善する効果が期待できます。
  • ビタミンD
    • 筋肉増強やカルシウムの吸収をサポートする。
    • カルシウムのバランスを整える働きをサポートしたり、歯や骨を健康に保つ働きがあります。
  • ビタミンE
    • 抗酸化作用があります。
    • 体内で発生する酸化物質からのダメージから守り、細胞の膜や血管を強化する役割があり、血流が改善される効果がある。
    • 高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。
  • タウリン
    • 善玉コレステロールが増加して、動脈硬化や視力低下を予防する働きがあります。
  • 鉄分
    • 血中酸素の運搬を促進します。

《犬がさんま(秋刀魚)を食べる時の悪い点(デメリット)》

さんま(秋刀魚)にも注意する点や、リスクもあるようなので見ていきましょう。

《犬にさんま(秋刀魚)を与えるときの注意点》

魚の骨に注意!

さんまには特に小骨が多く、しっかり取り除くことが大切です。

そのため、愛犬に食べさせる場合は、骨をキチンと取り除いてあげましょう。

※魚の骨は鋭く、犬は噛まずに丸呑みに近い食べ方をするので、誤飲してしまうと消化器官や喉などを傷つけてしまいます。

食べすぎに注意

さんまはカロリーが高めの食べ物になり、あたえすぎるとすぐにカロリーオーバーになってしまいましますので、気を付けましょう。

さらに、EPAやDHAの過剰摂取してしまうとかえって健康障害を及ぼす可能性があるのでほどほどにしましょう。

生では食べさせない!

魚類は全体的に生では食べさせてはいけません。

アニサキス寄生虫

鰹(かつお)、サバ、サンマ、アジ、イカなどの魚介類の内臓に寄生します。

特に回遊魚全般に寄生していることが多いようです。

鮮度が落ちてくると、内臓以外にも移動してしまいますので、鮮度の落ちた状態での生食は大変危険です。

また、熱に弱いので、火を十分に通すことで処理ができます。

  • 嘔吐
  • 激しい腹痛
  • 蕁麻疹

ヒスタミン食中毒

魚を常温で放置すること細菌が繁殖してしまいます。

ヒスタミン食中毒になりやすくなるので、常温の状態では放置しないようにしましょう。

また、熱にはかなり強く、熱処理での分解は難しいようです。

  • 嘔吐
  • 舌や顔の腫れ
  • 蕁麻疹
  • めまい

《犬にさんま(秋刀魚)を与える時の食べさせ方や調理方法》

生食は厳禁

アニサキスなどの食中毒の原因になるので、生食はやめておきましょう。

必ず火を通してから与えるようにしましょう。

シンプルに火を通しましょう

人間用のような味付けは犬にとって味が濃く、体に良くないため味付けはせずに、焼く・茹でるなどをして、いろいろな食材も混ぜ合わせて食べさせましょう。

また、茹でた場合は栄養分(特にEPAやDHA)が煮汁に溶け出すので、一緒に煮汁も与えるようにしてください。

必ず小骨は除去しましょう

さんまは特に骨が多いので、しっかり取り除いてあげましょう。

喉や器官を傷つけてしまいますので、注意してください。

与えても良い目安の量

5kg程度であれば、10g~25g程度、10kg程度であれば、30g前後程度のようです。

個体によって、多少違いはありますが与えすぎには注意してください。

《新鮮なさんま(秋刀魚)の見分け方》

新鮮なさんまの見分け方を再確認してみましょう!

さんまの下顎の先が「黄色」のさんまを見つける。

下顎の先端は鮮度を確認するための、1つ目の条件のようです。

鮮度が落ちてくると、黄色 ⇒ 茶色 に変色していきます。(水揚げから3日程度あたりから変色する)

  • 下顎の先端を確認する
  • 丸々太っている方が美味しい
  • 目が透明で澄んでいるかどうか

《犬のアレルギーについて》

犬によっては、魚のアレルギーを持っている場合もありますので、初めて与える場合は少しずつ食べさせて様子を観察してください。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 痒み
  • 蕁麻疹
  • めまい

《犬にさんま(秋刀魚)を与える場合のまとめ》

いかがでしたでしょうか?

秋の食べ物といえば?と聴いたときに、さんま(秋刀魚)はかなり上位で登場する食べ物ですよね。

栄養も豊富で、私もこれは好きですね。

まとめ:骨を取り除き、火を通してから食べやすい大きさにほぐし食べさせる。

正しい与え方をすれば、犬にとっても優秀な食べ物であるとわかりました。

愛犬と一緒に、秋の味覚を楽しんでみてくださいね!

さ行(食べ物)カテゴリの最新記事