《犬に与える食べ物》犬にほうれん草は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬にほうれん草は与えても大丈夫?

私たち人間にとって、ほうれん草は日本人にとても馴染みが深く、豊富な栄養を含んでいる食材で有名ですよね。

そのほうれん草は犬にとっては大丈夫でしょうか?
今回は、そのほうれん草について調べてみました。

《犬にほうれん草は与えても大丈夫?》

答えは△!
犬にほうれん草を与えても問題ないが注意は必要。特にシュウ酸には注意!

ほうれん草は、ビタミンやミネラルが豊富で、犬にとっても必要な栄養素が多く含まれています。

ただし、たくさんを与えすぎてしまうと、反対にデメリットが生じてしまいます。

その理由の一つとして、ほうれん草は他の野菜と比べ「シュウ酸」が多く含まれています。

「シュウ酸カルシウム結石」の原因となる物質ですが、ほうれん草を少量食べる程度では心配ありません。

しかし、結石の既往歴がある犬には注意しましょう。

また、食べ過ぎる事で、嘔吐や下痢などを引き起こしてしまいます。

《犬がほうれん草を食べる時の良い点(メリット)》

ほうれん草は、犬にとって有効な栄養素が多く含まれています。

ビタミンや鉄分を豊富に含んでいることから、犬の健康にとってもプラスになります。

血流を整える作用が期待できます。

クロロフィルは、血液の流れを助け、貧血を予防する働きや有害物質の排泄作用が期待できます。

《ほうれん草に含まれる栄養素》

ほうれん草の栄養価の高い緑黄色野菜です。

一年中手に入りますが、ほうれん草の旬は11月~2月ごろの冬野菜のため、一番栄養価が高くなるのが冬の季節となります。

また、ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますので、ビタミンCが必要となる老犬などの場合は、他の食べ物から摂取しましょう。

  • βカロテン(ビタミンA)
    • 皮膚や粘膜・被毛の健康維持に役立ちます。さらに免疫力も高めウイルスなどから身を守り、がん予防にも効果も期待できます。
    • 犬はβ(ベータ)カロテンを体内でビタミンAに変換することができます。
  • ビタミンE
    • 抗酸化作用があります。体内で発生する酸化物質からのダメージから守り、細胞の膜や血管を強化する役割があり、血流が改善される効果がある。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。
  • 葉酸
    • 体内の細胞の成長をサポートする効果があります。脳や脊髄などの発育不全も防ぐ効果があります。
  • 鉄分
    • 血中酸素の運搬を促進します。
  • ビタミンB1
    • 炭水化物(糖質)をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。
  • ビタミンB2
    • 皮膚や被毛の健康を維持し、代謝を良くする。
  • ビタミンB6
    • 体内の酵素の働きを助け、タンパク質の消化を助ける働きがあります。解毒効果や抗アレルギー作用もあります。
  • ビタミンC
    • 抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。犬は体内でビタミンCを生成することができますが、高齢の犬や病気がちの犬はより多くのビタミンCが必要なため、食べ物からも摂取する必要がある成分です。
  • ビタミンK
    • 骨を丈夫に保つ働きがあり、骨芽細胞を活性化するので骨を形成に欠かせない栄養素です。健康な血液の維持・止血の効果もあるといわれています。
  • カリウム
    • 体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。
    • 神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。熱に弱い。
  • カルシウム
    • 犬の骨も丈夫にしてくれます!
    • 骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。
  • マグネシウム
    • エネルギーの代謝や血液を健康に維持する作用がある。
  • 鉄分
    • 血中酸素の運搬を促進します。

ほかにも、銅・マンガン・セレン・モリブデンなど多くの栄養素が含まれています。

シュウ酸

犬にとって有害な成分となります。シュウ酸はシュウ酸カルシウム結石になり、尿路結石症などの原因となります。

シュウ酸は水に溶けやすいので、茹でたあとに水にさらすと減少させることができます。

《犬がほうれん草を食べる時の悪い点(デメリット)》

ほうれん草にも注意する点や、リスクもあるようなので見ていきましょう。

《犬にほうれん草を与えるときの注意点》

シュウ酸に注意!

ほうれん草のアクに含まれている成分です。
シュウ酸を減らすために、ほうれん草を茹でて、その後水にさらします。
しかし、茹でることでビタミンB、ビタミンC、葉酸などの水溶性ビタミンがゆで汁に溶け出してしまいます。

体の弱い愛犬や結石のある愛犬には与えない!

結石の既往歴がある場合は、食べさせないでください。また、クッシング病の愛犬にはシュウ酸カルシウム尿石を作りやすいので食べさせないでください。

冷凍ほうれん草は原材料を確認

冷凍などのほうれん草は、添加物や塩分も含まれている可能性がありますので、確認するようにしてください。

毎日与えるのはやめましょう

栄養は豊富に含まれるほうれん草ですが、毎日与えてはいけません。
消化がよい食べ物ではありませんし、シュウ酸の過剰摂取にもなります。

《犬にほうれん草を与える時の食べさせ方や調理方法》

茹でて刻んでから与えるのがベスト

ほうれん草は生ではなく、必ず茹でてから与えるようにしましょう。

アクの部分にはシュウ酸が含まれていますので、水で洗い流すようにしましょう。

しかし、茹ですぎてしまうと栄養分も溶け出してしまいますので、適度な湯通し程度にしておきましょう。(2~3分程度)

また、食べやすい大きさにカットするのは茹でてからにしましょう!

与えすぎ注意

ほうれん草を与えすぎてしまうと、シュウ酸の過剰摂取に繋がりますが、尿も近くなってしまいお漏らしもしてしまう事もあります。また、食物繊維も豊富なため、下痢や嘔吐の原因にもなります。

食べやすい大きさに細かく刻む

ほうれん草自体が消化に悪いので、細かく刻むようにしてください。

食べやすい大きさにカットするのは茹でてからにしましょう!

カルシウムと一緒に与えるのが良い

シュウ酸は、カルシウムと腸の中で結びつくことにより、便と一緒に排出されます。

そのため、カルシウム(ゴマ、チーズ、小魚)を含む食材と一緒に与えるようにしましょう。

《犬のアレルギーについて》

ほうれん草によるアレルギー反応を引き起こす子もいます。
主な症状は、以下の通りです。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 痒み
  • 目の充血
  • 抜け毛
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • 腫れ

《犬にほうれん草を与える場合のまとめ》

いかがでしたでしょうか?
ほうれん草は年中手に入る食材のため、一度は迷ったことがあるのではないでしょうか?

食べさせ方のまとめとしては、茹でて水に浸し、食べやすい大きさにカットする。

与えすぎないように注意!

ほうれん草は人間にとっては、栄養素がとても豊富で健康的な食材ですが、愛犬にとっては、栄養分が豊富ですが、シュウ酸には気を付けなければいけませんね。


シュウ酸を取るために茹でると、せっかくの栄養分が溶け出してしまったり難しいですよね。

また、与えるときは、ゴマ、チーズ、小魚などのカルシウムが豊富な商材と一緒に与えることも意識してみてくださいね!

うまく愛犬の健康管理と向き合っていきましょう♪

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事