【食べ物】犬にりんごは与えても大丈夫?

【食べ物】犬にりんごは与えても大丈夫?

一年中スーパーや市場などで手軽に買える身近な果物のひとつであるりんご!
風邪をひいたときなどにもりんごにお世話になった経験は私もよくあり、人間にとっては栄養の塊のような食べ物ですよね!

では、愛犬(わんちゃん)に、食べさせてもよいのか!?気になりますよね!
少し調べてみましたので、参考にしてみてください。

《犬にりんごは与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬にりんごを与えても問題なし!ただし、種は毒なので注意!

りんごに含まれる成分は犬にとって有害な成分はなく、体によい栄養素が豊富に含まれています。
上手に取り入れれば犬の健康に役立ちますが、糖分があるので、虫歯の原因になりそうです。


《犬がりんごを食べる時の良い点(メリット)》

りんごは、栄養価が非常に高く、消化吸収も優れているので、食欲不振・軟便・下痢気味の時にりんごを食べさせてみましょう。皮にはワインなどに含まれる栄養分として有名なポリフェノールが豊富に含まれています。

《りんごに含まれる栄養》

りんごの主成分は糖分です。ミネラル(カリウム)、カルシウム、食物繊維(ペクチン・セルロース)、ポリフェノール(皮の部分)、ビタミンC、B1、B2、B6、E、有機酸(リンゴ酸・クエン酸)

  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。
  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。さらにがん予防にも期待ができる。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。・ビタミンB1
    炭水化物(糖質)をエネルギーに変える。
  • ビタミンB6
    体内の酵素の働きを助け、タンパク質の消化を助ける働きがあります。解毒効果や抗アレルギー作用もあります。
  • ビタミンE
    抗酸化作用があります。体内で発生する酸化物質からのダメージからを守り、細胞の膜や血管を強化する役割があり、血流が改善される効果がある。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。
  • 食物繊維
    整腸作用があります。腸内を洗浄し、便通を促します。
  • 有機酸(リンゴ酸・クエン酸)
    体内に溜まった乳酸を取り除き、疲労回復の効果があります。さらに胃腸の働きを助け、殺菌作用があります。

<りんごの皮の部分にある栄養素>

  • ポリフェノール
    ワインやぶどうに含まれていることで有名なポリフェノール。抗酸化作用があり、がん予防・老化防止になります。
  • ペクチン
    腸の中の不純物を体外に排出する効果があり、腸内環境を整えます。がん予防などの免疫力向上になるといわれています。

※リンゴの皮にはポリフェノールが豊富に含まれていますが、皮には農薬・ニスなどがついている可能性があるので、有機栽培のりんごを選ぶなどしましょう。

次のページはデメリットのお話し >>

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事