《犬に与える食べ物》犬にきのこは与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬にきのこは与えても大丈夫?

しいたけ・しめじ・えのき・エリンギなど人間の食卓には欠かせない食材の一つですよね!
野菜などはわかりますが、愛犬にきのこを食べさせるのは心配ですよね!?私も知りませんでした。
気になりましたので、調べました!そもそも食べて大丈夫なのか?種類は?参考にしてみてくださいね!

《犬にきのこ類は与えても大丈夫?》

答えは〇に近い△!
犬にきのこ類(しいたけ・しめじ・えのき・エリンギなど)を与えても問題なし!しかし野生に生えているものは危険!

基本的に犬がきのこを食べても大丈夫!しかし生のままではいけません。
専門家ならまだしも、公園に生えているようなも野生のきのこは、毒キノコの可能性はあるので絶対に食べさせてはいけません!考え方は人間と同じですね!


《犬がきのこ類を食べる時の良い点(メリット)》

きのこ(しいたけ・しめじ・えのき・エリンギなど)には、低カロリーでβグルカンがたっぷり!パワフルな健康効果が期待できます。しかし、消化しずらい食べ物でもあるので、上手に工夫をして食べさせてあげたいですね。実際にも、きのこが入ったドッグフードも販売されています。

《きのこ類に含まれる栄養》

きのこは主にβグルカン、さらには野菜では摂取できないビタミンDが豊富に含まれています。
さらに、食物繊維も含まれているので、便秘解消にも効果が期待できます。

  • βグルカン
    細菌やウイルスなどから身を守り健康な体をつくる役割があります。
    免疫色の向上やガン予防、アレルギー、糖尿病、高血圧などの改善に効果があります。
    特にアガリクス茸、ハナビラ茸、霊芝に多く含まれており、最近は犬用のサプリメントまで登場しています。
  • ビタミンD
    筋肉増強やカルシウムの吸収をサポートする。
    カルシウムのバランスを整える働きをサポートしたり、歯や骨を健康に保つ働きがあります。
  • 食物繊維
    整腸作用があります。腸内を洗浄し、便通を促します。
  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。さらにがん予防にも期待ができる。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。
  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。
  • カルシウム
    骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。
  • ビタミンB1(えのき)
    炭水化物(糖質)をエネルギーに変える。
  • ビタミンB2(しめじ)
    皮膚や被毛の健康を維持し、代謝を良くする。
  • ビタミンB12(乾燥きのこ)

B3・B5・B6・鉄分、マグネシウム、リン、亜鉛など。

次のページはデメリットのお話し >>

か行(食べ物)カテゴリの最新記事