《犬に与える食べ物》犬に柿は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬に柿は与えても大丈夫?

柿は秋の味覚を代表する食べ物の一つですが、わんちゃん(愛犬)も柿の甘い香りにつられて喜んで寄ってくると思います。そんなわんちゃん(愛犬)と秋の味覚を一緒に楽しみたいですよね!ということで、今回は柿について調べてみました。
犬は柿を食べても問題ないのか?栄養は?また、注意点したい点はあるのかなどいろいろ調べてみましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

《犬に柿は与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬に柿を与えても問題なし!しかし、普通の柿・成熟した柿以外は与えないで!

柿は甘くて好きな犬も多いと思います。
犬にとって有害な成分は含まれておらず基本的には問題はありませんが、糖分が多いので与えすぎに注意してください。
柿の種や葉は消化に悪いので、与えないようにしましょう。


《犬が柿を食べる時の良い点(メリット)》

柿には、ポリフェノールの一種であるタンニンやビタミンCが豊富に含まれていて水分が豊富!老犬や体調が悪い犬にはとても良い働きがあります。さらに、ビタミンCは、果物の中でもトップクラスの量が含まれています。

《柿に含まれる栄養》

柿には、食物繊維、ビタミン、果糖、水分(80%以上)が含まれています。
特に、ビタミンCが豊富に含まれており、柿の特徴である渋み成分であるタンニンは、ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。他には、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなどが含まれています。

  • タンニン
    ポリフェノールの一種で、有害物質を体外に排出する働きがあります。また、抗酸化作用や血圧を調整する働きもあります。
    さらに、口臭予防効果があるフラボノイドも含まれており、虫歯や口臭の予防も期待できます。
  • ビタミンA(βカロテン)
    皮膚・被毛の健康状態を保つ効果があり、白内障の予防や角膜の健康維持にも効果があります。また、造血効果もあります。
  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。さらにがん予防にも期待ができる。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。
  • 食物繊維
    整腸作用があります。腸内を洗浄し、便通を促します。
  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。
  • カルシウム
    骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。

次のページはデメリットのお話し >>

か行(食べ物)カテゴリの最新記事