《犬に与える食べ物》犬にかいわれ大根は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬にかいわれ大根は与えても大丈夫?

かいわれ大根は天候に左右される野菜とは違い、一年を通して非常に供給も価格も安定している手頃な野菜ですよね。しかし、ピリっとした味や見た目から犬に与えても大丈夫なのかな?と思う方も多いのではないかと思います。そこで、今回はかいわれ大根について調べています。参考にしてみてくださいね。

《犬にかいわれ大根は与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬にかいわれ大根を与えても問題なし!ただし早く食べましょう!

かいわれ大根は、人間にも犬にも栄養満点でポテンシャルが高い野菜ですので、積極的にあたえたい食べ物の一つです。手作りごはんやいつも食べているごはんの中にトッピングしてあげるのもいいですね!

【かいわれ大根とは】
かいわれ大根は平安時代から記録がある古くから親しまれている野菜です。
大根の種から発芽した芽で「新芽野菜」といいます。いわゆる「スプラウト」と言われています。
かいわれ大根は「大根のスプラウト」ということになります。他に有名なのが「豆苗」です。これは「大豆のスプラウト」ととなります。ただし賞味期限は短く、「2日前後」に食べる必要があります。

《犬がかいわれ大根を食べる時の良い点(メリット)》

かいわれ大根は一年中購入でき、価格変動が少なく安価なので手軽にあたえることができる食べ物の一つです。しかも栄養満点!

《かわいれ大根に含まれる栄養》

かいわれ大根には、大根には少ないβカロテンが豊富に含まれています。そして大根の辛味の成分イソチオシアネートがあります。その他にも、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンE、メラトニン、ナイアシン、葉酸、ビオチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、モリブデンなど豊富に含まれており、栄養満点です!

<主な栄養素5つ>

  1. イソチオシアネート
  2. ジアスターゼ
  3. βカロテン
  4. ビタミンC
  5. ビタミンK
  • イソチオシアナート
    血液をサラサラにする成分があり、血栓の予防になります。利尿作用と共に体内の老廃物の排出に役立ちます。
  • ジアスターゼ
    胃腸の食欲増進・消化不良の改善に効果がある消化酵素です。ただし熱に弱いので、加熱すると消えてしまいます。
  • βカロテン(ビタミンA)
    皮膚や粘膜・被毛の健康維持に役立ちます。さらに免疫力も高めウイルスなどから身を守り、がん予防にも効果があると言われています。
    犬はβ(ベータ)カロテンを体内でビタミンAに変換することができます。
    ※ビタミンAの過剰摂取を心配しますが、それはビタミンAをダイレクトに摂取した場合にのみ起こることで、β(ベータ)カロテンからとる場合、必要な量しかビタミンAにはなりません。
  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。犬は体内でビタミンCを生成することができますが、高齢の犬や病気がちの犬はより多くのビタミンCが必要なため、食べ物からも摂取する必要がある成分です。
  • ビタミンK
    骨を丈夫に保つ働きがあり、骨芽細胞を活性化するので骨を形成に欠かせない栄養素です。健康な血液の維持・止血の効果もあるといわれています。

次のページはデメリットのお話し >>

か行(食べ物)カテゴリの最新記事