《犬に与える食べ物》食べてはいけない食べ物(ナッツ編)

ナッツといえばいろいろな種類がありますよね、ピーナッツやアーモンド・栗などもそうですよね。

ナッツ類はおやつの中でも特に犬が喜ぶ食べ物になり、ねだられてしまうとついついあげたくなりますよね…。

ただ種類は多いので、これは大丈夫?ではこれは?など結構迷うことが多いと思います。
そんな時はこの記事を参考にしていただければと思います。

《犬にナッツは与えても大丈夫?》

答えは×!
犬にナッツ類を食べさせるとこは、基本的におすすめしません!

特にナッツは人間にとっておいしくても、ナッツの種類によっては犬にとって有害な食べ物となってしまいます。


《ナッツとは》

食用の木の実全般を指します。硬い殻で覆われており、中にある実を食用としています。

  • 代表的なナッツ類
    アーモンド、カシューナッツ、栗、クルミ、ピーカンナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、松の実。

ナッツには、ピーナッツ・くるみ・アーモンド・マカデミアナッツなどのいろいろな種類があります。

種類によっては、食べても問題のないもの、オススメしないもの、重篤な中毒症状をおこす絶対に食べてはいけないものがあります。

因果関係ははっきり解明されていないようですが、有害であることは立証されていますので、食べさせない方がよいでしょう。

<共通の特徴>

  • 脂肪が多い
  • 食物繊維が多く消化が悪い
  • 殻は消化できない
  • ナッツの形状は喉につまりやすい

症例データでは、マカデミアナッツ、クルミ、アーモンド、ピーナッツがダメとされています。

<犬に食べさせても良いナッツ類>

  1. ピーナッツ
  2. カシューナッツ
  3. ヘーゼルナッツ
  1. <ピーナッツ>
    ピーナッツは焙煎したものを殻を取り除いてたべさせてください。しかし、消化が悪いため、下痢や嘔吐の原因になります。皮は消化できません。さらにマグネシウムも含まれているので尿結石の原因になります。

    また、塩味のついているピーナッツは塩分過多になりますのであたえないでください。

  2. <カシューナッツ>
    カシューナッツは比較的安全なナッツとされており、比較的カロリーも低くオレイン酸やビタミンB1が多く、皮膚の健康に良いとされています。食べ過ぎるとお腹を壊す原因になりますので少量にしましょう。ただし、必ずローストや炒ったナッツを食べさせてください。生のカシューナッツには犬にとって有害な物質が含まれているので、絶対にあたえないでください。
  3. <ヘーゼルナッツ>
    ヘーゼルナッツは犬に有害な成分は含まれていません。オレイン酸やビタミンEなどが豊富で、アンチエイジングに効果があるとされています。ただし、ナッツ類の中で比較的大きい形をしているので、丸飲みしてしまうと喉につまらせたりしてしまうので、必ず食べやすい大きさに砕いて食べさせてください。
  4. <栗>
    安全に食べさせることができます。ただし、糖質が多いので食すぎには注意してください。

<食べさせない方がよいナッツ>

  1. アーモンド
  2. くるみ
  3. ピスタチオ
  4. ピーカン
  5. ジャイアントコーン
  6. 松の実(パインナッツ)
  1. <アーモンド>
    食物繊維が豊富で硬いので、アーモンドはナッツ類の中で特に消化に悪い食べ物です。有害物質はありませんが、消化不良の原因となり下痢や嘔吐を引き起こします。アーモンドは粒が大きいので、特に小型犬は体が小さく喉につまらせたり、腸に詰まり腸閉塞の原因になってしまいます。人間用に加工されたものは与えないようにしましょう。
  2. <くるみ>
    食物繊維や脂質が多く消化がとても悪く下痢や嘔吐の原因になります。また、古いくるみはカビなどの有害物質が含まれているため、食べさせることは控えてください。
  3. <ピスタチオ>
    ピスタチオは脂肪が多いので、消化不良を起こします。また、胃に詰まるリスクもあります。殻は消化できないので、殻つきのピスタチオは食べさせないようにしましょう。
  4. <ピーカン>
    ピーカンはナッツ類の中でも脂肪分が非常に多い食べ物で高いカロリーが高く、さらに消化に悪いので与えない方がよいでしょう。また毒素(ジュグロン)が含まれており、胃腸の病気になる可能性をもっています。

<絶対に食べさせてはいけないナッツ>

マカダミアナッツは犬にとって非常に危険なため絶対に食べさせてはいけません。

中毒を起こす原因は明らかにはなっていませんが、痙攣や嘔吐などを引き起こし重症化する可能性を秘めており、「マカダミアナッツ中毒」と言われています。

さらに脂肪分が多く、重度の胃もたれを起こす可能性があります。

症状も急性で食べた後すぐに発症するパターンが多いので、飼い主は慌てやすくなるようです。

食べると、嘔吐、運動失調、不全麻痺などが生じる可能性があり、死亡例があります。

次のページは症状などのお話し >>

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事