《犬に与える食べ物》犬に梨(なし)は与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬に梨(なし)は与えても大丈夫?

夏の終わりから秋にかけての果物である「梨」は水々しくてとても甘いですよね。

甘い香りもするので犬も寄ってくると思いますが、梨は犬にとって害になるものはあるのでしょうか?

食べさせてもいいか迷ったら、この記事を参考にしてくださいね。

《犬に梨(なし)は与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬に梨(なし)を与えても問題なし!必ず完熟したものを!

梨は約90%が水分でできており、犬にとって有害な成分は含まれていないため食べても大丈夫です。

ただし必ず収獲時期を迎えた熟した梨を食べさせてください。

スーパー等で流通している梨であれば問題ありません。

水分が90%であり、利尿作用があるカリウムが多いので、仔犬や老犬などはトイレが近くなる可能性があるので注意してくださいね。


《犬が梨(なし)を食べる時の良い点(メリット)》

梨は他の果物に比べビタミン類は少ないですが、代表的な効果として「疲労回復効果」「消化を促してくれる効果」「体内の老廃物を排出してくれる効果がある」など、犬にとって嬉しい効果がある栄養素がたくさん含まれています!

  • 夏の水分補給にぴったり!
    梨は全体の90%が水分のため、夏などの暑い時期に水分補給としての効果も発揮しますので、水をあまりのまな犬に飲ませてあげるのもいいかもしれません。
  • 疲労回復の効果抜群!
    梨に含まれるリンゴ酸・クエン酸・アスパラギン酸は疲労回復を促す効果があります。さらにリンゴ酸とクエン酸は体内に溜まった乳酸を排出し、アスパラギン酸も疲労回復の効果を促進する効果があります。
  • 利尿作用や血圧を下げる働きがある
    カリウムには利尿作用や血圧を下げる働きがありますが、熱にとても弱いので加熱せずに生で摂取するようにしましょう。
  • 消化を助ける効果がある
    梨には、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」という消化酵素が含まれています。
  • 整腸作用があり、便通を助ける効果がある
    梨には石細胞と食物繊維の働きで、便通を促す働きがあります。※石細胞
    梨のシャリシャリとした食感は「石細胞」と呼ばれる細胞からできています。石細胞は胃腸では消化されずに腸を刺激する働きがあり、便通を良くする効果はありますが、摂取しすぎると下痢や嘔吐の原因になります。

《梨(なし)に含まれる栄養素》

他の果物に比べビタミン類は少ないですが、カリウムと食物繊維が豊富に含まれています。

また、カリウムは熱に弱いため、生のまま食べると摂取できます。

  • アスパラギン酸
    アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、タンパク質の合成を助ける働きがあり、疲労回復を促進する働きがあります。
  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。熱に弱い。
  • 食物繊維
    整腸作用があります。腸内を洗浄し、便通を促します。
  • カルシウム
    骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。
  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。犬は体内でビタミンCを生成することができますが、高齢の犬や病気がちの犬はより多くのビタミンCが必要なため、食べ物からも摂取する必要がある成分です。
  • ビタミンE
    抗酸化作用があります。体内で発生する酸化物質からのダメージからを守り、細胞の膜や血管を強化する役割があり、血流が改善される効果がある。高齢の犬や病気がちの犬に摂取させたい成分です。

《犬が梨(なし)を食べる時の悪い点(デメリット)》

梨には犬にとってよい効果がありますが、反対に気を付けなければならないこともいくつかありますので確認していきましょう。

《犬に梨(なし)を与えるときの注意点》

  • 食べ過ぎに注意!
    シャリシャリとした食感の「石細胞」は便通を助けますが、摂取しすぎると下痢や嘔吐の原因になります。また、90%の水分と利尿作用のあるカリウムによりトイレが近くなる可能性があるので、おもらしには注意しましょう。
  • 食べやすい大きさにカット!
    小さくカットしたりすりおろすなどし、食べやすくしましょう。特に食物繊維が豊富のため、消化を苦手としていますので丸飲みには注意してください。
  • 温度に注意!
    冷蔵庫から出して冷えたまま与えると体を冷やしてしまい下痢の原因になるので、少し室温で置いてから食べさせるようにしましょう。
  • 未熟な梨や種は食べさせないで!
    梨の種や収獲時期より前の未熟な梨には、アミグダリンという成分が含まれており、犬が中毒を起こす原因になります。スーパーや果物屋などで流通している梨は問題ありませんが、梨狩りなどの味覚狩りで採った梨には注意してください。アミグダリンで中毒を起こした場合は命の危険にさらされるので、特に注意してください。
  • 果実以外は食べさせないで!
    皮・種・芯は消化できません。さらに、種には中毒成分である「アミグダリン」が含まれているので、必ず皮・種・芯は捨ててください。
  • 梨の缶詰はNG!
    缶詰のシロップは大量の糖分が含まれているので、糖分の大量摂取になります。

《犬に梨(なし)を与える時の食べさせ方や調理方法》

  • 成熟した梨を加熱せずに生で食べましょう。
    梨にはカリウムが豊富に含んでおりますが、とても熱に弱く、加熱すると摂取できなくなってしまいます。また、その他のビタミンも摂取できます。
  • 食べやすい大きさで!
    皮を剥いて芯と種を取り除き、食べやすい大きさにカットしましょう。超小型犬などの場合は、フードプロセッサなどでペースト状にするとよいでしょう。

ー 参考のおやつ -
梨ヨーグルト
ヨーグルトにすりおろした梨を混ぜる事で、整腸作用がある乳酸菌と梨の作用により、腸内環境を整え、便秘気味の犬など効果があります。

<梨を食べさせる適量とは>
1日10~20g程度

人間の一口大といったところでしょうか?

食べ過ぎると軟便や下痢の原因になります。

《犬のアレルギーについて》

稀に梨アレルギーの犬もいるので、梨を食べた後に、いつもと違う症状が現れたらすぐに動物病院に相談しましょう。

長時間放置すると重篤になり「アナフィラキシーショック」を引き起こす原因になります。

「アナフィラキシーショック」になると、命の危険にさらされるので必ず病院で診察しましょう。

<梨アレルギーの症状>

  • 嘔吐
  • 下痢
  • じんましん
  • 痒み
  • 目の充血
  • 元気がない
  • 呼吸困難

はじめて食べる時は、様子を見ながら少しずつあたえるようにしましょう。

また、腎不全などの腎臓病の犬は必ず事前に相談しましょう。

《犬に梨(なし)を与える場合のまとめ》

梨は他の果物にくらべてビタミン類はすくないですが、梨ならではの疲労回復・消化促進・水分補給など、わんちゃんにとってすばらしい栄養素があります。

食べ過ぎに注意さえすれば、食べる事でメリットのある果物になりますね!

まとめると、完熟した梨を皮・芯・種を取り除き、小さくカットして生のまま食べましょう!

いかがでしたでしょうか?夏の終わりから秋にかけて旬をむかえる梨を愛犬と一緒にたべてみましょう!

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事