犬に首輪とハーネスどっちを選ぶ?首輪VSハーネス


首輪VSハーネス

皆さんは愛犬とのお散歩の時に首輪(カラー)と胴輪(ハーネス)どちらを使っていますか?

犬のお散歩に必要なアイテムで、絶対悩むポイントだと思います。

実際、犬にとってもどっちが良いのでしょうか?選び方について見てみようと思います。

また、仔犬につけるなら首輪とハーネスどちらがいいのかなどもあると思います。

《犬の首輪(カラー)について》

首輪(カラー)とは、首に装着するベルトです。昔に比べ素材や色・デザインなどさまざまな種類が豊富に販売されています。

首輪のイメージとして、「犬が可哀そう」、「首が苦そう?」など考える人もいるのではないでしょうか?

ということで、首輪のメリット・デメリットについてまとめてみました。

<首輪(カラー)のメリット>

  • 躾(しつけ)に向いている。
    躾(しつけ)がしやすいのが最大のメリットです。リードウォークなどの訓練には最適です。引っ張った時に苦しくなるので、引く力を弱めてくれます。また、犬にとっては、首が急所となるところで、“首を支配する”ということは服従を意味し、しつけにつながります。

 

  • デザインが豊富で、首輪にチャームや迷子札など着けてあげやすい。
    首に巻くだけなので、着脱は簡単!ネームタグ、鑑札、迷子札などわかりやすいところに着けることができるので、迷子になってしまったときも、身元が判明しやすい。さらに逃げたときも、首輪の特徴でわかりやすいので、犬の特徴も伝えやすい。

 

  • 着脱が簡単
    ハーネスに比べ、着脱がとても簡単です。

<首輪(カラー)のデメリット>

  • 引っ張りグセのある犬には体に負担がかかる。
    強く引っ張ると首輪が閉まり、首や器官に負担がかかります。犬の体が大きく留なるほど体重が重くなるので、首への負担もおおきなり、よく引っ張る犬は常にリードが張った状態になり、負担がかかるので危険です。そのため、器官が弱い犬には使わないようにしましょう。

 

  • 犬のサイズに合うものを選ぶ。
    サイズが合っていないと、後ずさりしたときにスポッと抜けてしまいことがあるので、必ずサイズの合うものを選びましょう。

 

  • アレルギー反応が出る可能性があります。
    首輪の材質などによって、犬の体質によっては肌や皮膚などのアレルギー反応がでる場合があります。

<首輪(カラー)を選ぶ場合>

首輪は散歩中に引っ張り癖や吠え癖がある犬など、飼い主さんのコントロールが不十分なときなどは、少し引っ張っただけでも合図が伝わりやすいので、首輪にすることをおすすめします。

さらに、首輪を日常的につけておけば、主従関係の破たんも少ないです。


《胴輪(ハーネス)について》

胴輪(ハーネス)は引っ張っても、犬の体に負担がかからないように作られたものです。

ハーネスのメリット・デメリットについてまとめてみました。

<胴輪(ハーネス)のメリット>

  • 犬の体への負担は少ない
    ハーネスは上半身を支えるように作られています。そのため、犬の首や呼吸器官など、体への負担は首輪に比べ少ないのが特徴です。犬にかかる力も首だけに集中せずに力が分散されるので、引っ張っても体に負担をかけさせたくない仔犬や高齢の犬にオススメです。

 

  • 外れにくい
    首輪のように、首からスポッと抜けてしまうことはありません。

 

  • 犬への不快感が少ない
    犬は首に何かを付けられるのを嫌がることが多いので、そのためハーネスは嫌がることなく受け入れてくれる犬がほとんどです。

<胴輪(ハーネス)のデメリット>

  • 躾(しつけ)には不向き
    ハーネスは首輪と違い、合図が伝わりにくく、しつけがしっかりとできていない場合、飼い主が犬を制御するのが難しいのが最大の欠点です。行きたい方向へ突っ走る犬を引き戻そうとしても、首に負担が少ないので、なかなかコントロールできません。そのため、お散歩しながらトレーニングやしつけをするような場合はオススメできません。

 

  • 着脱は首輪と違い、少し面倒です。
    首はと違い少し面倒です。服やハーネスに慣れていない犬は、胴(胸まわり)の締め付けを嫌がることがあるようです。

<胴輪(ハーネス)を選ぶ場合>

ハーネスは、「首輪は可哀そう」という理由でも、選ばれている方も多いのではないでしょうか?

ずっとハーネスを付けていると、引っ張り癖や吠え癖が治らないで悩んでいる飼い主さんも多くいらっしゃいます。

ハーネスは服を着ている犬の場合、服の上から着せることにもなるので、その点も確認するようにしましょう。

器官が弱い犬や老犬などは負担の少ないハーネスを選ぶとよいでしょう。

※また最近では胸元に金具がある、引っ張り防止用のハーネスもありますので、そちらを選択されるのも良いかと思います。

次のページは、仔犬の場合やまとめについて >>

1 2

About hachiya

ダックスとペキニーズのMIXの愛犬「しめじ」君をかわいがっております。 愛犬に長生きしてほしいという思いから当サイトを立ち上げ勉強しております。少しでもお役にたてればと思います。 一応:調理師免許・フードコーディネーターの資格をもっております。

View all posts by hachiya →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です