トイレの躾(しつけ)について<第1話>-9つの約束事-


トイレ


トイレは「食べ物」「睡眠」と同じくらい、生活に密接している習慣です。

可愛い子犬と楽しい生活を過ごすことを想像していたのに、粗相をすることで、「毎日イライラして怒っている」という飼い主さんも多いようです。

布団などやシーツなどにしてしまった場合、最悪ですよね…。

こんな生活とはもうおさらば!

そのためには、もう一度トイレの躾(しつけ)を見直してみましょう。

トイレの躾(しつけ)に悩んでいる飼い主さんもかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私もその一人です、ですので今一度真剣に考えてみようと思います。

ということで、トイレの躾(しつけ)についてを数回に分けて掲載していこうと思いますので、参考にしてみてくださいね。

まず1回目は、基本から入ってみようと思います。

《犬にトイレの躾(しつけ)を覚えさせる心構え》

犬の脳は人間の3歳くらいの脳と言われています。

このことを踏まえて、すぐできる子もいれば、根気よくしないと覚えることができない子もいるので、そのことをよく理解しておきましょう。

そのため、トイレは失敗してもあたりまえという気持ちで接してあげましょう。

飼い主様がイライラしたり怒ったりすると、犬にも伝わってしまいできなくなってしまいます。

気持ちのゆとりも愛犬のトイレの成功率アップにつながります。

ましてや、家にきたばかりの仔犬なんて、人間の赤ちゃんくらいの子どもですので、そんな子にトイレを絶対成功させるなんて無理です!

「できなくて普通」であることを理解してあげ、じっくり根気よく躾(しつけ)をしてあげましょう。

トイレをここでしてほしいと思うのは、飼い主の都合によるものです。

犬が自然と飼い主の望む場所にトイレをすることはほぼありません。

そのため、習慣化させることを意識しましょう。


《犬にトイレの躾(しつけ)を覚えさせるコツ》

  • 犬の習慣を理解すること

 

  • トイレする時間帯や生活リズムのパターンの把握などを理解すること

 

  • トイレサインを見極めること

 

  • 躾(しつけ)中は目を離さないこと

 

  • 成功体験を繰り返すこと

 

  • 怒らないこと

《犬の習性について》

犬はもともとキレイ好きで、体と生活スペースをきれいに保ち「犬は寝床付近では排出はしない」習性をもっています。

そのため、生活空間以外の場所にトイレをしようとします。

次のページへ続きます >>

1 2

About hachiya

ダックスとペキニーズのMIXの愛犬「しめじ」君をかわいがっております。 愛犬に長生きしてほしいという思いから当サイトを立ち上げ勉強しております。少しでもお役にたてればと思います。 一応:調理師免許・フードコーディネーターの資格をもっております。

View all posts by hachiya →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です