犬が嘔吐(吐いた)したとき(基礎知識編)


吐く

愛犬が急に吐き、ビックリした方も多いと思います。何か病気になったのではないかと心配になりますよね。

そこで今回は、犬の健康管理の基本である「吐く」について勉強してみようと思います。

犬が吐いた場合は、必ず原因があり、原因や症状によって緊急性も変わってきます。

正しい知識を身に着け、慌てずに対処するようにしましょう。

《はじめに》

犬は、四足歩行の動物ですので、胃が横向きになっています。

さらに胃液も濃く、もともと私たち人間より吐きやすい仕組みになっています。

犬と暮らしていれば嘔吐の場面には何度出くわします。

犬の嘔吐にはすぐに病院に連れて行くべきものと、様子を見ても大丈夫なものがあります。

《犬が吐く主な原因》

犬が吐く原因には、生理的な原因からストレス性、重大な病気までさまざまです。

犬のわかりやすい健康管理のシグナルですので、しっかり判断できるようにしてください。

《犬の吐くには種類がある》

飼い主としては 犬 が食べたものを口から吐き出す行為を「嘔吐」として捉えますが、実はその吐く行為にも3つの種類があります。

吐き出されるものは消化途中のものや、胃液や十二指腸液であることが多いです。

嘔吐するときに心配される病気は、胃腸の不調や肝臓や腎臓などの内臓の疾患が考えられます。

《犬の「吐く」行為は3種類》

犬が吐くというのはよくあることですが、心配のいらない自然現象と病的な物が隠れている場合があります。

「吐く」ことで、犬の健康に関して気づきやすい点なので、しっかり観察するようにしましょう。

犬の「吐く」は「嘔吐」「吐き出し」「嚥下困難(えんげこんなん)」の3種類があります。

  • ある程度消化されたものを吐く「嘔吐」
    食べ物が一旦、胃や小腸に達して、ある程度消化されたものなどを吐くことを「嘔吐」と言います。犬が嘔吐するときは、舌なめずりをしたり、口をくちゃくちゃしたり、苦しそうに落ち着きがなくうろうろしたりする状態が見られ、お腹を膨らませたり引っ込ませたりするえづく様子も見られます。下を向いて吐き、吐き出したものをもう一度食べようとすることはあまりしません。消化されているものや、未消化なものもあります。食べ物が胃や小腸まで達したことになるので、原因は、胃や腸などの消化器官の問題など病的原因が多いです。

 

  • 胃に入る前に吐く「吐き出し」
    嘔吐が顔を下に向けて吐くのに比べて、吐出するときの頭の位置は高く、まるで噴水のように前方に向かって飛ばすように吐きます。えづくなどの前兆はあまりなく、いきなり口から食べ物が飛び出してくるといった感じで、食べ物は未消化なため、もう一度食べてしまうこともあります。吐出のときは、のどや食道のトラブルも考えられるでしょう。※吐き出したものを写真に撮るなどをして、明確にしておくとよいでしょう。

 

  • 飲み込めない「嚥下困難(えんげこんなん)」
    食べ物を飲み込めずに吐き出してしまうことを嚥下困難といいます。咳き込むような症状で、食べ物を飲み込めず吐き出してしまうこと。食べた物は胃腸までは到着しておらず消化されていません。原因は、口腔・喉などや、筋力の衰えなどがあると考えられます。



《犬が吐いたときのチェックポイント》

今まで元気だった愛犬が急に吐いてしまうと、驚いて動揺してしまいますよね。

しかし、慌てずによく観察して愛犬の状態をチェックして見て下さい。

チェックしたい項目は以下の通りです。

  1. 吐き出す前兆の様子はどうだったのか?
  2. 吐いた後の犬の様子は?元気がない、うずくまっているかなど
  3. 吐く頻度はどうか?繰り返し吐く?
  4. 吐いたものに血液などはが混じっていないか?
  5. 吐いたものがウンチの匂いがする?
  6. どんな吐き方をしたのか?
  7. 何を吐いたのか?
  8. 下痢、発熱、痙攣などは伴っていないか?
  9. 異物や中毒性のものが食べていないか?

 

<1.吐き出す前兆の様子はどうだったのか?>

  • えずく
    ⇒ 嘔吐の場合は、お腹を膨らませたりしながら「えずく」ことが多い。
  • よく咳をする、よだれの量が多い
    ⇒ 吐き出し、嚥下困難(えんげこんなん)の場合は、咳をしたり、よだれの量が多いなどがあります。

<2.吐いた後の犬の様子は?>

  • 吐いた後は元気であれば、それほど心配する必要はありません。⇒ ぐったりしていり、苦しそうにしている場合は危険な場合が多いので、すぐに病院に連れていきましょう。

<3.吐く頻度はどうか?>

  • 吐く頻度によっても、急性的なもの、慢性的なものに分類されます。吐くのが1回きりで、2日以内で収まるようなら、「急性的な嘔吐」です。⇒ この場合は、早食いや異物誤飲・薬品中毒・感染症などが原因と考えられる。
  • 吐くのが複数回で、2日以上続く場合は、「慢性的な嘔吐」です。⇒ この場合は病気の可能性があり、元気だとしても病院に診てもらったほうがよいと思われます。

<4.吐いたものに血液などはが混じっていないか?>

  • 吐いたものに血が混じっている場合は、胃腸の病気の可能性があります。⇒「急性胃炎・胃潰瘍・腸閉塞など」や胃腸の病気や、消化器系、中毒系などの病気が考えられます。また、コーヒー色や黒色になっている場合は、重篤の場合が多いので、すぐに病院に連れていってください。

<5.嘔吐物に異物や異臭はない?>

  • 嘔吐すると普通は消化の途中に胃酸と一緒にでてくるので、酸っぱい臭いがするのですが、嘔吐物がうんちのニオイがする場合は注意が必要です。
  • 胃を経て小腸まで進んでいった物が、逆流してしまったためにそのようなニオイがします。この場合は、「腸閉塞」の可能性が高いので病院に連れていってください。

次のページは吐くについての見分け方を見ていきます。 >>

1 2 3

About hachiya

ダックスとペキニーズのMIXの愛犬「しめじ」君をかわいがっております。 愛犬に長生きしてほしいという思いから当サイトを立ち上げ勉強しております。少しでもお役にたてればと思います。 一応:調理師免許・フードコーディネーターの資格をもっております。

View all posts by hachiya →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です