犬が嘔吐(吐いた)したとき(原因と対策編)


嘔吐


犬は私たち人間と比べても、よく吐く(嘔吐)する動物です。

食べ過ぎ、早食い、水の飲み過ぎ、空腹、拾い食いから車酔いに至るまで、単純な原因で吐くことがとても多いです。

吐くことでスッキリして、何事もなかったように元気いっぱいに過ごす事がほとんどですが、中には重大な病気が隠れていたり、異物などの誤飲などの不慮の事故もあります。

基礎編でも述べたように、犬のわかりやすい体調のシグナルにもなります。

しっかり観察して、見逃さないようにしましょう。

今回は、原因と対策などを探ってみたいと思います。

《犬が吐いたときの対処法はさまざま》

犬が吐いたときの対処法は、嘔吐の原因によって異なります。

たとえば、犬が道端の草を食べた後に吐いている場合、それがチクチクしたから吐いているのか、それとも草に毒性があり、中毒になって吐いているのかによって、対処法も緊急性も異なります。

飼い主さんがすべきことは、愛犬が吐いたときに自力で対処できるようになることではなく、嘔吐の危険度と緊急性を正しく理解し、必要に応じて動物病院へ連れていってあげることです。

正しい知識で愛犬を守ってあげてくださいね。

《犬が吐く時の原因と対策》

『犬が元気も食欲もあるのに嘔吐(吐く)ときの原因と対策』

【原因】

元気で食欲があり、熱や下痢などの症状がないにもかかわらず嘔吐した場合は、主に「食べ過ぎ」「早食い」「フードが合わなかった」「急性胃炎」「疲れやストレス」などの原因が考えられます。

【対策】

  • 半日程度の絶食をする。
  • ごはんをぬるま湯でふやかす。
  • フードが合わなかった。
    ドッグフードによく使われる「穀類」は、苦手なわんちゃんもいます。
    これらの原料が原因で嘔吐することがあります。

ドッグフードをぬるま湯でふやかして軟らかくし、消化しやすくしてから食べさせるのが効果的です。

空腹のストレスを和らげ、徐々に消化器官を動かしてあげてください。

嘔吐が何日も続く場合は、病院で診断を受けてください。


『犬が1日に何度も嘔吐(吐く)ときの原因と対策』

【原因】

一日に何度も嘔吐を繰り返す場合は、異物の誤飲、アレルギー、寄生虫、病気などが原因の可能性が高いです。

【対策】

すぐに病院で診てもらう

獣医師さんに診てもうときは、できるだけ詳しく説明するようにしてください。

下痢・血便など、少しでも異常があれば些細な事でも報告するようにしてください。

原因の特定がしやすくなります。

- 動物病院で受診するにあたって -

(いつ)・(どこで)・(回数や頻度)・(何を吐いたか)・(吐いた後の状態)など思いつく限りの詳しく、獣医師さんに報告するようにしてください。

吐いたもとを写真に撮っておくとよいでしょう。

血を含んでいたり、異常なものは実物をもっていきましょう。

『犬が食べ物を食べてすぐに嘔吐(吐く)ときの原因と対策』

【原因】

  • 食べ物の早食い
    食べた物が未消化のまま吐き出されている場合は、早食いしたため、食べ物が食道などに詰まった可能性があります。食欲旺盛な犬に多くみられます。

 

  • 異物の誤飲
    異物を飲み込んだことで、胃や腸などを傷つけてしまったことが原因かもしれません。

【対策】

  • 食べ物の早食い
    犬はよく食べ物を咀嚼(そしゃく)せずに塊のまま飲み込んでしまうことがあるので、小さく切ったり、少しずつあたえるなどゆっくり食べさせる工夫をしてください。この場合は、吐き出したものをまた食べてもあまり問題ありません。食後はしばらく休憩させたりすることで、リスクを減らすことができます。

 

  • 異物の誤飲
    すぐに病院へ連れていきましょう。嘔吐物を写真に撮るなど、できるだけ明確にしておきましょう。誤飲した物の大きさや種類によっては、摘出手術が必要になる場合があります。

『犬が嘔吐(吐く)仕草をするのに吐かないときの原因と対策』

【原因】

胃捻転の可能性

【対策】

食べ物の早食いと同じように、食後しばらく休憩させてあげてください。

緊急性があり、重篤化して死に至る可能性があるのですぐに病院に連れていきましょう。

次のページ、原因と対策の続きへ >>

1 2

About hachiya

ダックスとペキニーズのMIXの愛犬「しめじ」君をかわいがっております。 愛犬に長生きしてほしいという思いから当サイトを立ち上げ勉強しております。少しでもお役にたてればと思います。 一応:調理師免許・フードコーディネーターの資格をもっております。

View all posts by hachiya →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です