【犬の種類】猫のような犬!?不思議な魅力がたっぷりの犬「ペキニーズ」(Pekingese)


ペキニーズ

猫のような犬!?不思議な魅力がたっぷりの犬「ペキニーズ

鼻ペチャでつぶらな瞳で、よく見ると目と鼻の位置がほぼ直線ライン上に並んでおり、それこそ愛嬌があるとてもかわいい顔となっています。

全身を細く柔らかな毛で覆おわれており、短い脚でとてとてと歩く姿がなんとも可愛い「ペキニーズ」は、見ているだけで和めます。

性格も、プライドが高く自由でツンとして「猫のよう」といわれており、世界中で根強い人気を誇る犬種です。

ペキニーズの話しをするときは、必ず「猫のような」という言葉を耳にするほど、さまざまな犬と比べてもっとも犬らしくない犬と言われています。

《犬データ(ペキニーズ)》

ペキニーズ(英名:Pekingese)」は中国が原産の小型犬種です。

名前:ペキニーズ(英名:Pekingese)

愛称は簡略化させて「Peke」と呼ばれることもあります。

<ペキニーズ名前の由来>

名前の由来は原産地である北京からとられており、一般的な呼び名とされています。

他にもいくつかの名前があり、中国では「京巴(ジンバー)」と呼ばれています。

ほかには、「Peking lion dog」「Lion Dog」「Chinese Spaniel」「Pelchie Dog」「Peking Palasthund」「宮廷獅子狗」などです。

  • 原産国 :中国
  • サイズ: 小型犬
  • 毛種:長毛種



《ペキニーズの歴史(ルーツ)》

祖先犬はチベット原産の「チベタン・スパニエル」であると考えられています。

チベットは仏教への信仰が厚く、「釈迦はその偉大な力により、獰猛な獅子をも服従させる」と考えられていました。

僧侶たちは、獅子のような風体を持つ犬種を誕生させるために、「チベタン・スパニエル」との交配を繰り返し努力を重ねます。

ようやく獅子(ライオン)に似た犬として誕生したのが、ペキニーズです。

そして、ペキニーズ神聖な獅子犬として、歴代の諸国宮廷・皇帝達へ贈呈されます。秦の始皇帝もその中の一人に入っています。

「獅子犬」「太陽犬」「袖犬」と呼ばれ、高貴な犬種として神聖化されていきます。

いつしか皇帝・皇族以外の飼育を禁じられるようになり、その禁止事を犯した者は最も重い「死罪」になるほどでした。

この神聖な獅子犬とされていたペキニーズは、魔除けの力があると信じられており、皇族の葬儀では墓まで先導する役割を担っていました。

中国の宮廷外へは一切出さない、門外不出として飼われていたペキニーズはとても大切に扱われていました。

しかし、1840年のアヘン戦争で、中国はイギリス軍に侵略されてしまいます。

その際に、ペキニーズがイギリスに手に渡らないよういするために、ほとんど殺処分されてしまいました。

しかし数匹は生き残っていたため、イギリス軍が国に持ち帰り、犬好きなビクトリア女王に献上されます。

その後ビクトリア女王がペキニーズを繁殖させて、王族や貴族だけがペキニーズが飼われるようになります。

このように、ごく限られ人のみが飼育しており、「ペキニーズ」は富と権力の象徴でした。

イギリスで繁殖したペキニーズは、やがて1893年のドッグショーに初めて「ペキニーズ」が登場します。

愛らしい見た目から世界中で人気となり、各地で飼われるようになり人気犬の仲間入りをしています。

しかし、残念なことに原産国である中国では絶滅してしまい、原産国以外で分布を拡大したという珍しい広まり方をした犬となります。


《ペキニーズの特徴》

ペキニーズの一番の特徴は、ぺちゃんこな鼻です。

体型は洋のような形をしており、小さいながらもがっしりとして足は短い。

前足は太くてがっしりとして、後足は細めである。

また、歩き方にも独特な特徴があります。

がに股の前足を回しながら歩くところから「ローリング歩行」といわれており、
コロコロと転がるような愛くるしい歩き方は、ペキニーズ独特の歩き方です。

頑固でプライドも高く、必要以上に干渉を嫌い、他の犬にもあまり興味を示しません。

飼い主への依存心も低くて一人遊びも得意ですが、甘えてくる時とそっけない時の差が激しく、飼い主への独占欲はかなり強いです。

マイペースで気分屋で、猫のような性格をしていると言われています。

時折り見せる甘え上手な「ツンデレ」感なところにハマるファンも多いようです。

《ペキニーズの性格》

勇敢、大胆、自尊心が強い

プライドが高く、独立心も強い頑固な意思を持ち自分のやり方を主張します。

人に抱っこされるを好まないこもおり、マイペースに過ごす事を強く望みます。

甘えてくる時と、そっけない時の差が激しく、飼い主への独占欲はかなり強いです。

マイペースで気分屋で、猫のような性格をしていると言われています。

警戒心が強く人見知りのため、家族以外にはあまり興味を持たずなかなか懐きません。

勇敢で負けず嫌いであり、決して引き下がりませんが、自分から喧嘩をふっかけることはありません。

猫のような性質と頑固さがあるので、しつけが少し入りにくい面がありますが、
ひとたび仲良くなってしまえば、警戒心や人見知りさも全く感じさせないほど懐きます。

さらに、飼い主と認めると忠実になるようです。

次のページへ >>

1 2

About hachiya

ダックスとペキニーズのMIXの愛犬「しめじ」君をかわいがっております。 愛犬に長生きしてほしいという思いから当サイトを立ち上げ勉強しております。少しでもお役にたてればと思います。 一応:調理師免許・フードコーディネーターの資格をもっております。

View all posts by hachiya →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です