【食べ物】犬にもやしは与えても大丈夫?

【食べ物】犬にもやしは与えても大丈夫?

とても安価で庶民の強い味方のもやし!料理などにもよく使い良く目にすることのある食材の一つですが、私たち人間にとっては栄養価も高いのでメリットが多いのですが、はたして犬にあたえても良いでしょうか?

今回は、もやしについてスポットをあたててみたいと思います。参考にしてみてくださいね!

《犬にもやしは与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬にもやしを与えても問題なし!傷みが早いのでできるだけ新鮮なものを!

もやしの主成分は水分(95%)と食物繊維がメインに含まれているので犬が食べても害や中毒を起こすような成分は含まれておらず、与え方さえきちんとしていれば安全でメリットの多い食材となります。


《犬がもやしを食べる時の良い点(メリット)》

年中ほぼ価格が安定しており、とても安価なので手軽に手に入り、かさ増しなどにも使えます。

しかも白くて細い見た目とは裏腹に栄養素も豊富に含まれています。

もやしには、カリウムと食物繊維が豊富に含まれ、さらに低カロリーなので、代謝の向上と便通の改善低カロリーの合わせ技でダイエットにも効果があります。

また、栄養分に加え水分も多く含んでいるので、夏の時期などは水分補給になります。

《もやしに含まれる栄養素》

もやしには、アミノ酸・アスパラギン酸が豊富に含まれており、老化防止や疲労回復の効果があります。

特に夏場の暑さには、ごはんなどに混ぜてあげると夏バテの効果もあります。

さらに、ビタミンCやカリウムをはじめとする、ビタミン類やミネラル分がバランスよく含まれています。

  • ビタミンC
    抗酸化作用があり、犬の老化防止になります。犬は体内でビタミンCを生成することができますが、高齢の犬や病気がちの犬はより多くのビタミンCが必要なため、食べ物からも摂取する必要がある成分です。

 

  • 食物繊維
    整腸作用抜群!特に便秘に有効!腸内を洗浄し便通を促します。ただし、摂り過ぎと下痢や軟便の原因になります。

 

  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。風邪や動脈硬化の予防にもなります。熱に弱い。



  • ビタミンB1
    炭水化物(糖質)をエネルギーに変え、皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。

 

  • ビタミンB2
    皮膚や被毛の健康を維持し、代謝を良くする。

 

  • ビタミンK
    骨を丈夫に保つ働きがあり、骨芽細胞を活性化するので骨を形成に欠かせない栄養素です。健康な血液の維持・止血の効果もあるといわれています。

 

  • 葉酸
    体内の細胞の成長をサポートする効果があります。脳や脊髄などの発育不全も防ぐ効果があります。

 

  • カルシウム
    犬の骨も丈夫にしてくれます!
    骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。

 

  • マグネシウム
    エネルギーの代謝や血液を健康に維持する作用がある。

 

  • タンパク質
    炭水化物・脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。
    筋肉や臓器など体内のあらゆる機能の調整に使われており、栄養素の運搬を行います。さらに微量ですがエネルギー源にもなります。

次のページへ >>

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事