《食べ物》犬に椎茸(しいたけ)は与えても大丈夫?

《食べ物》犬に椎茸(しいたけ)は与えても大丈夫?

椎茸(しいたけ)は、鍋にいれたりと私たちもよくお世話になっている食材のひとつですよね!

さらに栄養価も高く旨みもあるので、犬にも食べさせたいと考えることもあると思います。

そこで、犬に椎茸(しいたけ)を食べさせてもよいのでしょうか?

今回は椎茸(しいたけ)について調べてみました。参考にしてみてくださいね。

《犬に椎茸(しいたけ)は与えても大丈夫?》

答えは〇!
犬に椎茸(しいたけ)を与えても問題なし!ただし食べ過ぎ注意!

犬にとって有害な成分もなくとても栄養が豊富なため、積極的に食べさせたい食材とされています。

ただし、椎茸(しいたけ)は食物繊維が豊富なため、食べ過ぎると下痢や軟便のもとになります。


《犬が椎茸(しいたけ)を食べる時の良い点(メリット)》

椎茸(しいたけ)は犬の健康をサポートしてくれる栄養素がたっぷり含まれており、犬にとっても優秀な食材の一つです。

さらに、水分が豊富に含まれていますので、水分補給にもなります。

  • 椎茸(しいたけ)は低カロリー
    100gあたり18カロリーで、カロリーは低くダイエットにもなります。

《椎茸(しいたけ)に含まれる栄養素》

椎茸(しいたけ)は食物繊維が豊富ですが、他に特記すべき栄養素の一つとして、血液をサラサラにしてくれる「エリタデニン」という栄養分が含まれています。

また、椎茸(しいたけ)は90%が水分でできているため、水分補給にもなります。

  • エリタデニン
    血液をサラサラにする働きがあり、コレステロールを抑え動脈硬化や血圧の上昇を抑える効果が期待できます。

    この「エリタデニン」は、椎茸(しいたけ)とマッシュルームにのみ含まれます。

 

  • βグルカン
    細菌やウイルスなどから身を守り健康な体をつくる役割があります。

    免疫色の向上やガン予防、アレルギー、糖尿病、高血圧などの改善に効果があります。

    特にアガリクス茸、ハナビラ茸、霊芝に多く含まれており、最近は犬用のサプリメントまで登場しています。

 

  • ビタミンB6
    体内の酵素の働きを助け、タンパク質の消化を助ける働きがあります。解毒効果や抗アレルギー作用もあります。

 

  • ビタミンD
    筋肉増強やカルシウムの吸収をサポートする。

    カルシウムのバランスを整える働きをサポートしたり、歯や骨を健康に保つ働きがあります。

 

  • 食物繊維
    整腸作用抜群!特に便秘に有効!腸内を洗浄し便通を促します。

    ただし、摂り過ぎと下痢や軟便の原因になります。

 

  • タンパク質
    炭水化物・脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。

    筋肉や臓器など体内のあらゆる機能の調整に使われており、栄養素の運搬を行います。

    さらに微量ですがエネルギー源にもなります。

 

  • 糖質
    糖質は体内でエネルギーに代わり、血液・脳・筋肉など身体全体の動力源になります。

    また、糖質にはでんぷんにも含まれますが、犬は人に比べて吸収しずらいようです。

 

  • カリウム
    体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。

    脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。

    さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。

    風邪や動脈硬化の予防にもなります。熱に弱い。

 

  • リン
    歯や骨を丈夫に保ったり、神経や筋肉を正常に保ったりする効果があります。

 

  • 炭水化物(糖質)
    タンパク質や脂質と並ぶ三大栄養素の一つで、エネルギー源となる栄養素です。
    お米などに含まれている、ブドウ糖や果糖などから、構成されているもの。

次のページへ >>

さ行(食べ物)カテゴリの最新記事