《食べ物》犬に蒲鉾(かまぼこ)は与えても大丈夫?

《食べ物》犬に蒲鉾(かまぼこ)は与えても大丈夫?

蒲鉾(かまぼこ)は、うどんや茶わん蒸し・お正月のおせち料理によく登場しますよね?

愛犬におねだりされた場合など、犬に食べさせても大丈夫でしょうか?

わかるようで難しいかまぼこに今回スポットあててみました。

参考にしてみてくださいね。

《犬に蒲鉾(かまぼこ)は与えても大丈夫?》

答えは△!
犬に「蒲鉾(かまぼこ)」を与えるのはあまりオススメしません。犬用であれば問題なし!

蒲鉾(かまぼこ)の原料に中毒症状を伴う有害な成分は含まれていませんが、主に人間用に作られた加工食品のため添加物と調味料が使用されている可能性が高くなります。

そのため、塩分過多などにもなりやすいので、犬にあたえるのはあまりお勧めできません。

しかし、最近では犬用に作られた蒲鉾(かまぼこ)も売られていますので、犬用に製造された蒲鉾(かまぼこ)であれば問題ありません。

《蒲鉾(かまぼこ)とは?》

蒲鉾(かまぼこ)の原料は主に魚のすり身で製造されています。

人間用の蒲鉾(かまぼこ)には、他に塩・砂糖を始め、綺麗に見せるための着色料などの添加物を使用されているものが多いので、気になる場合は、購入前に原材料を確認しておくとよいでしょう。

蒲鉾(かまぼこ)は、練り製品の一つである。原料魚にはタラ類、サメ類、イトヨリ、ベラ類他の白身魚が使用される。原料魚を脱水砕肉し、塩や卵白など副原料を添加して成形加熱する。

引用:wikipedia

《犬が蒲鉾(かまぼこ)を食べる時の良い点(メリット)》

蒲鉾(かまぼこ)の良い点は、高たんぱくなのに低カロリーのため、効率のようたんぱく質を摂取できます。

原料は魚を使用しているので、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が摂取することができますので、免疫力や毛の艶を良くする効果も期待できます。

  • 犬の骨を丈夫にする効果が期待できます。
    • 蒲鉾(かまぼこ)には、カルシウムなどの骨を作ってくれる栄養素があり、カルシウムの吸収をサポートしてくれるビタミンDが含まれているので、骨を丈夫にしてくれる効果があります。

  • 犬の貧血を予防する効果があります。
    • 蒲鉾(かまぼこ)には、「造血のビタミン」と言われるビタミンB12が含まれているので、犬の貧血を予防する効果があります。

  • 犬のダイエットに向いています。
    • 蒲鉾(かまぼこ)は、高たんぱくで低カロリー(100gあたり130kcal)のため、ダイエットに向いています。

《蒲鉾(かまぼこ)に含まれる栄養素》

蒲鉾(かまぼこ)は、原料が魚のすり身なので魚の栄養素を取ることができます。

骨を形成するために必要なカルシウムやたんぱく質、カルシウムなどの形成をサポートしてくれるビタミンDなどが豊富です。

また、ビタミンB12は赤血球をつくる効果があるので、貧血の予防にもなります。

  • タンパク質
    1. 炭水化物・脂質とあわせて三大栄養素と呼ばれています。
    2. 肉や臓器など体内のあらゆる機能の調整に使われており、栄養素の運搬を行います。
    3. さらに微量ですがエネルギー源にもなります。

  • 炭水化物(糖質)
    1. タンパク質や脂質と並ぶ三大栄養素の一つで、エネルギー源となる栄養素です。
    2. お米などに含まれている、ブドウ糖や果糖などから、構成されているもの。

  • ビタミンB12
    1. 主に赤血球や神経細胞やたんぱく質の合成に関わっており「造血のビタミン」と言われており、貧血の予防にも役立ちます。
    2. また、神経を正常に保つ効果があり、不眠を改善する効果が期待できます。

  • ビタミンD
    1. 筋肉増強やカルシウムの吸収をサポートする。
    2. カルシウムのバランスを整える働きをサポートしたり、歯や骨を健康に保つ働きがあります。

  • ナトリウム
    1. 栄養素の吸収を促進し血圧を調整する働きがあります。
    2. また、体内の水分バランスなどの維持を助ける役割があります。

  • カリウム
    1. 体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する機能を助けてくれる働きがあります。
    2. 脱水症状になると、水分とともにカリウムなどのミネラルも失われるので、水分補給だけではなくカリウムの摂取も欠かせません。
    3. さらに、神経の伝達・筋肉の伸縮などの犬の情報伝達を促進する効果あると言われています。
    4. 風邪や動脈硬化の予防にもなります。熱に弱い。

  • カルシウム
    1. 犬の骨も丈夫にしてくれます。
    2. 骨・歯を作るのに必要な栄養素。骨や歯を丈夫にします。

  • リン
    1. 歯や骨を丈夫に保ったり、神経や筋肉を正常に保ったりする効果があります。

  • 鉄分
    1. 血中酸素の運搬にを促進します。

蒲鉾(かまぼこ)の注意点や、リスクについても見ていきましょう。

次のページへ >>

か行(食べ物)カテゴリの最新記事