《犬の種類》ヨーキーと呼ばれ「動く宝石」で人気犬種「ヨークシャーテリア」(Yorkshire Terrier)

《犬の種類》ヨーキーと呼ばれ「動く宝石」で人気犬種「ヨークシャーテリア」(Yorkshire Terrier)

イギリス発のヨークシャーテリアは、日本でも「ヨーキー」と呼ばれ「座敷犬御三家」として親しまれ、『動く宝石』と言われるほどの美しい被毛の犬種です。

《犬(ヨークシャーテリア)データ》

「ヨークシャテリア(英名:Yorkshire Terrier)」はイギリス原産の超小型犬種です。

  • 英語表記 Yorkshire Terrier

  • 原産国 イギリス

  • サイズ 超小型犬

《ヨークシャーテリアの歴史(ルーツ)》

「ヨーキー」と呼ばれ、世界中で人気を誇るヨークシャーテリアは、19世紀ごろイギリスのヨークシャー地方で誕生しました。

当時は5kgを超える大きさで、ボサボラヘアーの個体が多くいましたが、交配を繰り返すしていくにつれ次第に小型化されていきました。

交配された犬種は、スカイテリア、マンチェスターテリア、ウォーターサイドテリア、マルチーズなどの種類です。

ヨークシャーテリアが誕生した本来の目的は、作物を荒らすネズミを捕まえるために作られた犬種とされています。

しばらく、ネズミ捕りを行う猟犬として飼われていましたが、次第に小型化されていきます。
そして、ヨークシャーテリアの被毛の美しさや知的な表情、元気で明るい性格が人気となり、次第に貴族などにも愛玩犬としても飼われるようになっていきました。

1861年に初めてイギリスのドッグショーに登場します。

1870年頃から、長い名前が短縮され「ヨークシャーテリア」と呼ばれるようになり人気が広がっていきました。

正式名称は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」というとても長い名前で、イギリスのヨークシャー州・スコットランド州のワイヤーヘアのテリアという意味のようです。

1872年ごろにアメリカにも登場し、1882年にイギリスで公認の犬種となりました。

ヨークシャーテリアが日本に来た記録ははっきりとしていませんが、戦後高度成長期になると「お座敷犬」として室内でも飼われるようになり、ポメラニアン・マルチーズと肩を並べ、代表的な人気犬種となりました。

長く伸びた艶のある美しい絹のような被毛はヨークシャーテリアの特徴であり「動く宝石」と言われています。

《ヨークシャーテリアの特徴》

体は小さく引き締まっており、顔立ちはとてもかわいらしくとても表情が豊かで、気品があります。

ヨークシャーテリアは細い直毛で、独特なスチールブルーの被毛とタンの被毛で覆われています。

超小型犬に分類され、体重3.1kgまでとされており、チワワに続いて小さい犬種です。

《ヨークシャーテリアの大きさ(サイズ)》

  • 体高:15~18cm程度

  • 体重:2kg~3kg程度

※FCI(国際畜犬連盟)では2kg未満、3.1kg以上のものは認められていません。

《ヨークシャーテリアの被毛、毛色(何色・何色)について》

ヨークシャーテリアの子犬のころは、全身の被毛はほとんどブラック&タンで覆われています。

大人になるにつれ、ブラックは次第に灰色やシルバー、タンはゴールドなどに変化していき、最終的にはヨークシャーテリアの特徴である、ダークスチール・ブルーとタンの2色になります。

被毛は、シングルコートで長く柔らかい。

絹糸状で光沢があり、とても美しい被毛をしていることから「動く宝石」と呼ばれています。

そのため、ショードッグとしても人気があります。

変化は個体によってさまざまで、スチールブルー以外にも全身がシルバーになったりゴールドになることもあります。

成犬になるにれて本来に毛色に変わり、毛色が7回ほど変化するとまで言われています。

《ヨークシャーテリアの性格》

ヨークシャーテリアは、本来は猟犬として誕生した犬種で、その成り立ちから勇敢で頑固な性格です。

飼い主には深い信頼を寄せ、常に一緒に行動したがりめいいっぱい甘えます。

そのため、飼い主から離れてしまうと食欲がおち不活発に陥ることがしばしばあるようです。(分離不安など)

  • 頭の回転が早い

  • 気が強く勇敢である。

  • 陽気で活発である。

  • 社交的で好奇心が旺盛

社交的で人見知りをしない性格であるため、はじめて会った人にもすぐに慣れます。

人に懐きやすく活発なので、子どもの遊び相手にもなります。

次のページへ >>

犬の種類カテゴリの最新記事