【犬の種類】ふわもこのまんまるな瞳と鼻ペチャ犬「シーズー」(Shih Tzu)

【犬の種類】ふわもこのまんまるな瞳と鼻ペチャ犬「シーズー」(Shih Tzu)

長く美しい被毛で表情豊かなシーズーは、多くの家庭で飼われているほどの人気犬種です。

人とも友好的に接し、環境の変化にも比較的強いほうです。

さらに、穏やかな性格をしているので、飼いやすいと言われています。

《犬(シーズー)データ》

  • 英語表記 Shih Tzu

  • 原産国 中国

  • サイズ 小型犬

《シーズー歴史(ルーツ)》

中国とチベットは宗教(仏教)を通じて古くから交流があり、チベットの僧院から中国の貴族へ、長年「ラサアプソ」が贈られてきました。

当時は「ラサアプソ」を神の使いとして神聖な犬とされていたため、献上されてきました。

シーズーのルーツとなるのが、その献上された「ラサアプソ」と王宮内で育てられてきた「ペキニーズ」との2犬種が交配されて誕生し固定化されたのが「シーズー」となり、19世紀ごろに誕生したとされています。

シーズーの由来は中国で「獅子狗」(シーズークゥ)と呼ばれていました。

シーズーは、ペキニーズと同様に王族貴族内で大切に飼われ「門外不出の神聖な犬」として大切にされてきました。

繁殖も王宮外の犬と混血されることなく、長い間固定化されてきました。

このシーズーが門外へ出てしまったのは、19世紀ごろに起こったアロー戦争(第二次アヘン戦争)により、清王朝の城が陥落してしまったことによるものでした。

中国王宮に残された犬たちは、イギリス・フランス軍によって、奪われる事となってしまいます。

その一部は、イギリスに持ち帰られた犬好きな王侯貴族の手によって保護されます。

王侯貴族の手によって保護された犬とアヘン戦争以前に清王朝から贈られていたシーズーが土台となり、シーズーは改めて繁殖することとなります。

しかし、イギリスに渡った当初のシーズーは、「ペキニーズ」や「ラサアプソ」と混同され、
しばらくの間、まとめて「アプソ」といされていました。

20世紀ごろ前半ごろ、計画的な繁殖がされることになり、1934年ごろ英国ケネルクラブによって、犬種公認されたことからシーズーの歴史がスタートします。

日本に来たのが1960年代前半とされ、現在では人気犬種の一つになっています。

ややプライドは高めですが、社交的で頭がよくしつけがしやすいので、世界的に人気のある犬種となりました。

《シーズーの特徴》

ふわふわの小さな体で、まんまるな瞳と鼻ペチャ、耳は垂れ耳となっています。

もともとチベット原産の寒冷地の犬が先祖にあるためか下毛が密生している。

長毛のダブルコートで、さまざまな毛色が存在します。

中国での「獅子犬」以外にも、鼻を中心に被毛が放射状に生えており「菊」に見えることから、菊を英語で「クリサンセマム(chrysanthemum)と呼ぶことから、「クリサンセマム・ドッグ」とも言われています。

《シーズー大きさ(サイズ)》

  • 体高:20cm~30cm程度
  • 体重:4kg~8kg程度

体高は26.7cm以下、体重は4.5~8.1kgが標準とされています。

《シーズーの被毛、毛色(何色・何色)について》

寒冷地にルーツをもつシーズーは、寒さから身を守るために多くの被毛で覆われています。

さらにダブルコートとなっており、熱が逃げないような作りになっています。

そのため、冬には強いですが、熱がこもりやすいので、夏場は苦手で熱中症になりやすいので、対策が必要となります。

シーズーは、アンダーコートとオーバーコートの2層からなるダブルコートですが、抜け毛が比較的少ないのも特徴です。

「ソリッド」と言われる単色からパーティー・カラーなどあらゆる毛色が公認されています。

日本では、ホワイトをベースにした「ホワイト&ゴールド」や「ホワイト&ブラック」などが多く見られます。

パーティー・カラーでは額から顔にかけて白く入ったものや、尻尾の先が白いものなどは好まれているようです。

単色である「ソリッド」は、日本ではあまり見かけないレアな種類です。
「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「シャンパン」などがあります。

他に、珍しい色として「ホワイトを含まないパーティーカラー」「レバー」などがあります。

また、シーズーは成長するにつれて毛色が変化するのも特徴です。

成長することで、「ソリッド」の単色になることもあるようです。

次のページへ >>

犬図鑑カテゴリの最新記事