犬年齢について

犬年齢について

犬の年齢は、人間に換算すると何歳くらいになるのか、気になる部分だと思います。

犬年齢を人間の年齢に置き換えて理解してあげることで、シニア世代に備えたり年齢にあった環境づくりができることは間違いないと思います。

犬の平均寿命は15歳程度と言われ、人間より数倍早く年をとります。

今回は、犬の年齢の計算方法・平均寿命などを調べてみましたので参考にしてみてください。

《犬の年齢を人間に換算すると?》

犬は人間の数倍で年齢を重ねていきます。
また体の大きさでも異なり、犬年齢1歳を過ぎると小型犬・中型犬で約4倍、大型犬で約7倍のスピードで年齢を重ねていきます。

以下で年齢換算表を紹介します。

<小型犬・中型犬・大型犬の人間年齢換算早見表>

犬の年齢(生後)小型犬(人の年齢)中型犬(人の年齢)大型犬(人の年齢)
1歳17歳16歳12歳
1歳6ヵ月20歳19歳16歳
2歳24歳23歳19歳
3歳28歳28歳26歳
4歳32歳33歳33歳
5歳36歳38歳40歳
6歳40歳43歳47歳
7歳44歳48歳54歳
8歳48歳53歳61歳
9歳52歳58歳68歳
10歳56歳63歳75歳
11歳60歳68歳82歳
12歳64歳73歳89歳
13歳68歳78歳96歳
14歳72歳78歳103歳
15歳76歳88歳110歳

《犬の年齢計算式》

計算式は小型犬・中型犬、大型犬とそれぞれ目安になる計算式が異なります。

・小型犬・中型犬の計算式:(犬の年齢+4)×4=人間年齢
(例1)3歳の小型犬の場合…(3+4)×4=28歳
(例2)5歳の小型犬の場合…(5+4)×4=36歳

うちのしめじは、2年と7ヵ月になるので、
(2.7+4)×4=26.8歳 ということになります。

・大型犬の計算式 = 12+(犬の年齢-1年)×7

(例1)3歳の大型犬の場合…12+(3-1)×7=26歳
(例2)5歳の大型犬の場合…12+(5-1)×7=40歳

大型犬は生後1年で12歳になり、その後1年ごとに7歳ずつ年齢を重ねていくという計算です。

《犬年齢の成長に合わせた簡単な目安》

  • 犬年齢1歳(生後1年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと16~17歳、大型犬は12歳となります。

    生後1年で、小型犬・中型犬は高校生くらいで、大型犬は小学生~中学生くらいの早さで成長します。

  • 犬年齢2歳(生後2年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと23~24歳、大型犬は19歳となります。

    大型犬はようやく人間でいう成人くらいまでになります。

    2年目以降から成長スピードが遅くなります。

  • 犬年齢3歳~4歳(生後3年~4年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと28~33歳、大型犬は26~33歳となります。

    人間でいう20代~30代前半なので、まだまだ元気で活発です。

  • 犬年齢5歳(生後5年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと36~38歳、大型犬は40歳となります。

    人間でいう40代前後となります。

    犬年齢5歳あたりで、小型犬・中型犬と大型犬で年齢の進み具合が逆転します。

  • 犬年齢10歳(生後10年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと53~63歳、大型犬は75歳となります。

    10歳になると、シニア世代に突入してきます。大型犬は8歳ごろから60代に入り、10歳ではすっかりシニア真っ只中となります。

    少しずつ、老化が見られるようになります。

  • 犬年齢12歳(生後12年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと64~73歳、大型犬は89歳となります。

    シニア犬としての対策や健康管理が必要になってきます。

  • 犬年齢15歳(生後15年)
    小型犬・中型犬は人間でいうと76~88歳、大型犬110歳となります。

    小型犬・中型犬はシニア犬としての対策や健康管理が必要になってきます。

    特に大型犬はこの年齢まで生きると、長生きができているといえます。

《犬の老化のサインについて》

<歯>
歯は犬の年齢の判断がしやすい場所と言われています。

生後1ヵ月ごろから乳歯が生え始め、徐々に乳歯と永久歯が入れ替わってきます。

そして、7ヵ月ごろになると全て永久歯になっており、まだまだ歯が白くて綺麗な状態となっています。

1歳から2歳ころになっていくと、歯石がつきはじめ、少しずつ黄ばみがでてきます。

3歳から5歳あたりになると、歯石や黄ばみが全体的に目立ち始めます。

5歳以降になると、歯石が多くなり歯周病などが見られてくる。

<目>
6歳以降になると、核硬化症の症状があらわれてきます。

また、白内障もシニア犬にみられる病気です。

<被毛や皮膚>
5歳あたりから、被毛に白髪がまじるようになり、年齢とともに増えていきます。

《シニア犬について》

犬にとってのシニアとは何歳くらいでしょうか?
調べていくと7から9歳ごろと言われており、老化の症状が現れるようになります。

  • 白髪が増える。
  • 皮膚が乾燥する
  • 口臭が強くなる。
  • 被毛の伸びるスピードが落ち、毛の量が減ったり抜け毛が増えてきた。
  • 被毛に艶がなくなってきている
  • 歯周病が進む。
  • 寝ることが増えてくる。
  • 足腰が弱く歩行が困難になってくる。
  • 耳や目の機能が衰え。(耳が遠くなる)
  • 目が白くなってきた。
  • 目ヤニの量が増えてきている。

<飼い主がしてあげたい事>

愛犬がシニアになってきたら、いろいろと配慮する部分が増えてくるのではないかと思います。
少しまとめてみました。

– 食事 –
愛犬が食べやすいような食事にしてあげる
・食べやすいように、お湯でふやかす。
・ドッグフードをシニア用にする。

– 散歩 –
愛犬の体調に合わせ、いつでも対応できるようしておく。
・犬のペースに合わせた散歩をする。
・無理にひっぱったりしない。
・シニア犬に必要になる持参品の配慮

– 環境 –
・床が滑りにくいようにマットを敷いたりする。
・室温管理を注意する。
・あまり段差や障害物を最小限にしてあげる。

– その他 –
定期健診の回数を増やすなどをしてあげたり、愛犬とのスキンシップを増やし異変に気付くようにしてあげたいですね。
また、毎年の予防接種をしてあげることで健康に保つことができるため、必ず予防接種はしてあげましょう。

《まとめ》

この記事を書いていたら涙腺が崩壊しました…。
犬は人間よりも遥かに早いスピードで歳をとり、寿命を迎えます。
本当に愛犬の一生は人間に比べてもっと短いですよね。1日1日大切に一緒に過ごしてあげましょうね!

犬年齢についてカテゴリの最新記事