《犬の種類》ドイツ生まれの“犬のサラブレッド”「ドーベルマン」(Doberman)

《犬の種類》ドイツ生まれの“犬のサラブレッド”「ドーベルマン」(Doberman)

警備犬や軍用犬として活躍しているためか、「怖い」というイメージが多いと思います。

しかし、愛情深く、従順、忠実な犬で家庭犬で、飼い主さんには愛嬌たっぷりな一面をもっています。

そんな「犬のサラブレッド」と呼ばれるドーベルマンについて調べてみました。

《犬(ドーベルマン)データ》

「ドーベルマン(英名Doberman)」はドイツ原産の大型犬種です。

  • 英語表記 Doberman
  • 原産国 ドイツ
  • サイズ 大型犬
  • 体高 66cm前後
  • 体重 29kg~41kg

《ドーベルマンの歴史(ルーツ)》

ドーベルマンは19世紀後半ドイツのテューリンゲン洲に住む「カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏」によって「警護犬」として作り出されました。

「ジャーマンピンシャー」に「シャーマンシェパードドッグ」「ロットワイラー」「ワイマラナー」「テリア種」などとの交配で誕生し、交配した犬種の優秀な性質のみを取り入れることに成功した犬種とされています。

ドーベルマンという犬種名は、生みの親である「カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏」からつけられた名前です。

この人物は、本業「税金徴収官」として職業柄大金を持ち歩くことが多かったことから、優秀な護衛犬を作り出そうとして誕生させたのが始まりでした。

ピンシャーとはドイツ語でテリアのことを指し、テリアとは主に猟犬のことを指します。

当初は、「ドーベルマン」の後ろに猟犬の意味を指す「ピンシャー(テリア)」を加えて「ドーベルマン・ピンシャー」と呼ばれていたが、軍用犬・警察犬として能力が認められ認知されてくると、猟犬の意味を指す「ピンシャー(テリア)はふさわしくないとされ、やがて外れるようになっていきました。

そのため、現在では「ドーベルマン」という犬種名が正式名称となっているようです。

第一次大戦中には軍用犬として活躍し、その後も世界中で人気となり、警察犬・麻薬探知犬としても採用されるようになります。

「ドーベルマン」は護衛犬として優秀なだけではなく、非常に飼い主に忠実で賢く愛情深い家庭犬としても評判で、特にアメリカでは人気が高く、「人気犬ランキング」の常連となるほどにまで親しまれてきました。

《ドーベルマンと断耳・断尾》

ドーベルマンといえば、キリっと尖った耳で、しっぽは短いイメージがあると思います。

しかし、実は、垂れ耳で尻尾は長いので、生後3日以内に、すぐ断耳・断尾されるからです。

断耳・断尾の理由は、その役割柄から、立て耳にすることで、音がよく拾えるようになる。

尻尾は、攻撃されたときの致命傷を負う事を防ぐことや、感情を相手に悟られないようにするためとされているようです。

近年ヨーロッパなどでは、動物愛護の考え方から、犬の断耳、断尾は禁止されています。

《ドーベルマンの特徴》

ドーベルマンは光沢のある短い毛で、引き締まった筋肉質な見た目の中型犬ですが、日本では大型犬に分類されています。

優美な筋肉質の美しい体付きで、気高い見た目から「犬のサラブレット」と言われています。

また、一般的なイメージである、とがった耳と短いしっぽは、生後すぐに断耳・断尾されるためです。

本来は、垂れ耳で長い尻尾のかわいらしい見た目です。

近年は、動物愛護の考え方が広まり、断耳・断尾が徐々に減少しています。

《ドーベルマンの種類》

ドーベルマンは大きくわけて「ヨーロピアンタイプ」と「アメリカンタイプ」の2つに分類されます。

ヨーロピアンタイプのドーベルマン

軍用犬や警察犬を目的として繁殖されている。
そのため、ドーベルマンらしいがっちりとした体をしており、筋肉質で大型なのが特徴的です。

警察犬などのであれば「ヨーロピアンタイプ」

アメリカンタイプのドーベルマン

家庭犬として品質改良されているので、ヨーロピアンに比べサイズが小さく、尻尾が長い傾向にあります。

人懐っこく穏やかな性格をしています。

家庭犬などのペットとしてであれば「アメリカンタイプ」

犬の種類カテゴリの最新記事