32話 「徐庶、諸葛亮を薦む」一覧

第32話 「徐庶、諸葛亮を薦む」(後編)

劉備軍にまさかの敗北をして樊城(はんじょう)に戻った曹仁は、再度新野の城を攻める計画を立てていました。 李典は、陣形を破られたことで劉備に策士がいることを懸念し反対しますが、曹仁に叱咤され仕方なく、李典は曹仁を支えることにします。

第32話 「徐庶、諸葛亮を薦む」(前編)

劉備は新たに徐庶を軍師に迎え、新野に戻り曹操軍に備えます。 そのころ曹操は、荊州討伐のために軍議を開いています。 曹操は荊州の雨季が終わるころに到着することを計算し、進軍計画を立てていました。 主将に曹仁、副将に李典を任命し、樊城(はんじょう)に出陣させ待機を命令します。

スポンサーリンク