44話「曹操、華北に帰る」一覧

第44話「曹操、華北に帰る」(後編)

許都では、曹操が帰還することを知り、荀彧をはじめとする武将たちや、曹丕などの息子たちが出迎える準備をしていました。 留守を守る荀彧は、西涼軍(馬騰と韓遂)をけん制するために大軍が戻ってくるかのように見せかけるように命令します。 曹操は、翌日9日に帰還することを公表し、南門で出迎える準備をはじめます。

第44話「曹操、華北に帰る」(前編)

曹操は、常々会いたかった人物である司馬懿に、ようやく会う事ができました。 司馬懿は、これまで士官の要請を断っていたことについて説明します。 これまでの丞相であれば、連戦を重ねており、強い状態で力を貸しても重く用いることはないと考えており、赤壁の戦いで敗北した今であれば、自分は重く用いられると思い、わざと居眠りをするふりをしたと説明します。

スポンサーリンク