第6部:周瑜絶命一覧

第54話 「甘露寺に婿を招く」

劉備とその一行は、呉国太と孫権に対面するために、甘露寺(かんろじ)に赴きます。 対面する会場の周りには、呂蒙率いる伏兵が潜んでいました。 劉備の護衛についている趙雲は、小さな剣の音に気付いて、障子を壊して伏兵を見抜きます。 しかし劉備は、趙雲に武器を収めるように命令します。

第53話「孫権、兵符を返す」

孫策時代からの配下でずっと呉のために働き、今は全軍を任されているほど周瑜の事を信頼してきた孫権でしたが、 最近の周瑜の独断で軍をすすめることが多くなり、さすがに呉の主としてこれで良いのか悩むようになっていました。 そんな中のまたしても周瑜の独断行動に、遂に孫権は「この江東の主はそなたか? それとも私か?」と怒鳴ってしまいます。 すると、周瑜は笑いながら大都督の兵符を置いて立ち去ってしまいました。

スポンサーリンク