《犬の種類》“アフロ犬”のモデルになった純白のモフモフ犬「ビションフリーゼ」(Bichon Frise)

《犬の種類》“アフロ犬”のモデルになった純白のモフモフ犬「ビションフリーゼ」(Bichon Frise)

《犬(ビションフリーゼ)データ》

「ビションフリーゼ(英名:Bichon Frise)」はフランス原産の小型犬種です。

  • 英語表記 Bichon Frise
  • 原産国 フランス
  • サイズ 小型犬
  • 体高 30cm前後
  • 体重 6kg前後

《ビションフリーゼの歴史(ルーツ)》

ビションフリーゼは、地中海沿岸にいたウォータースパニエルと白い小型犬のミックスとされています。

この掛け合わせは「バービションズ」という系統として確立されており、のちに「ビション」と省略されています。

当時の「ビション」は、「ボロニーズ」「ハバニーズ」「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」の4種類に分類されていました。

「テネリフェ」が現在の「ビションフリーゼ」とほぼ同じ犬種とされています。

この「テネリフェ」がテネリフェ諸島からイタリアに持ち込まれたのは14世紀ごろ。

その見た目と人懐っこい性格から、たちまち貴族の愛玩犬として人気の犬種となっていきました。

さらに、16世紀になると、フランスで小型化が進み、貴婦人たちの間で「白い抱き犬」として愛されるようになります。

スペイン絵画の宮廷画家であるゴヤの作品にたびたび登場しています。

そのことが原因なのか、フランス革命では貴族の犬とされて処分されてしまいます。

王族や貴族に守れる事がなくなった「ビションフリーゼ」は、第一次世界大戦・第二次世界大戦で、さまざまな犬と血が混ざってしまい、純血種は絶滅寸前にまで減少してしまいます。

しばらくすると、フランスの繁殖家たちがビションフリーゼの救済運動に乗り出し、ふたたび個体数が回復されていき、1933年には「ビションフリーゼ」と名前がつけられました。その翌年1934年にフランスのケネルクラブに公認されます。

その後、1950年代にアメリカに持ち込まれ「パウダーパフ」と言われる独特なヘアーカットが生み出され、人気犬種となります。
1971年にアメリカケネルクラブに登録されます。

日本に入ってきたのも同じ頃だとされていますが、日本では、既に白い小型犬の「マルチーズ」が人気犬種だったため、愛犬家が中心となって飼育されてきたようです。

名前の由来は、ビション「飾られた」、フリーゼ「巻き毛」と意味しているので、その容姿から「ビションフリーゼ」になったようです。

《ビションフリーゼの特徴》

体高よりも体長が少し長い小型犬で、巻き毛の絹状の豊かな純白のダブルコートをしています。

その愛らしいルックスに反して、がっしりとした筋肉質をしており、活発で体力があります。

代表的なカットスタイルは、アメリカで考案されたもので、「パウダー・パフ」と呼ばれています。

性格は、陽気で人懐っこく、聞き分けの良い犬種です。

他の犬や他人とも仲良くできるので、多頭飼いに向いています。

ビションフリーゼ2

突然の「ビションブリッツ」

ビションフリーゼ特有の行動である、突然スイッチが入ったかのように、はしゃぎ回る事があります。

この行動は「ビションブリッツ」または「ビションスイッチ」と呼ばれています。

場所に関係なくしばらく続きますが、満足すると収まりますので、怪我をしないように落ち着くまで見守るようにしましょう。

その原因や理由は不明のままですが、病気でも発作でもないので「おもしくてかわいい」という飼い主さんが多いようです。

ただし、飼い主としても心配なので、ビションブリッツがはじまっても対応できるように、普段から環境を整えておきましょう。

外でもリードを短く持つなどをして、守ってあげましょう。

《ビションフリーゼの大きさ(サイズ)》

体高よりも体長が少し長い小型犬です。

  • 体高:20~30cm
  • 体重:3~6kg

《ビションフリーゼの被毛、毛色について》

ビションフリーゼの被毛

純白の絹状のふわふわした被毛をしており、上毛は巻き毛で、下毛は柔らかな毛が密集したダブルコートです。
「パウダー・パフ」と言われる頭部にボリュームを持たせたカットスタイルが有名です。

ビションフリーゼの毛色

純白に限る。

ビションフリーゼは、純白の毛色以外は認められていません。
子犬のころは、うすい色が付いている事もありますが、成犬になるころには真っ白になります。

《ビションフリーゼの性格》

遊び好きで愛情深く、荒っぽい部分も少ない性格をしています。

陽気で社交的な性格をしており、聞き分けもよく飼い主や家族には従順です。

他のペット、他人や子どもとも仲良くなれる、人見知りの少ない家庭犬とされています。

反対に番犬としては不向きです。

ただし、周囲に気を使いすぎてストレスをため込む一面もあります。

いつもと違う行動をしたり、様子がおかしい場合は、ストレスをため込んでいる可能性があるので、ストレスの原因を取り除いてあげましょうね。

《ビションフリーゼの飼い方や日々のケアについて》

ビションフリーゼの飼い方

活発に遊ぶ事が大好き。

ビションフリーゼは愛玩犬とされているため、人と共に過ごすことが大好きです。

そのため、充分一緒に過ごせる時間が確保できる人が向いています。

熱中症に注意!

被毛が豊富なため、熱中症への配慮はとても重要となります。

そのため、エアコンや水分には充分配慮が必要です。

ビションフリーゼの日々のケアについて

抜け毛も少ないため、部屋飼いに適しています。

ブラッシングは週3日~毎日必要ですが、抜け毛は少ないので難しくありません。

純白の被毛をキープする為には、散歩、トイレ、食後などは、被毛を清潔に保ち、月に数回は洗ってあげましょう。

そのため、毎日の手入れとトリミングの手間を惜しまない人が好ましい。

垂れ耳のため、耳も汚れやすいのでこまめに掃除をしましょう。

また、白い被毛をしているため、涙やけが目立ちますので、ケアをしてあげてください。

《ビションフリーゼのしつけについて》

賢くて従順な性格をしているので、しつけは難しくありません。

しかし、甘え上手なので、甘やかしてしまいがちになるようです。

そのため、しっかり主従関係を築いておきましょう。

《ビションフリーゼの散歩や運動について》

小型犬にしては、非常に活発であり、ある程度の運動量が必要となりますが、
一人遊びも上手な犬種のため、家の中でも階段の上り下りなどをして、それなりに運動をこなしてくれます。

朝晩の散歩(1回20分程度)を毎日したり、一緒に遊びながら運動をさせてあげましょう。

ただし、毛の量が多く暑さにとても弱いため、昼間の暑い時間や長時間の散歩は避けてください。

《ビションフリーゼの気を付けたい怪我、病気》

純血種の小型犬としては、遺伝病が少ないことで知られていますが、かかりやすい病気はあります。

かかりやすい病気

  • 尿結石
    • ひどい場合は死に至る病気なので、今までのように、おしっこが出なくなったり、何か変化があったら獣医に相談してください。
  • 皮膚疾患
    • ダブルコートで被毛が多く、湿気がたまりやすく皮膚病の原因となりますので、ブラッシングはこまめにしてあげましょう。
  • 外耳炎
    • 垂れ耳の犬種に多い病気です。

他には、涙流症、膝蓋骨脱臼、角膜変性症、白内障があります。

ビションフリーゼの平均寿命

  • 寿命:平均12年~15年
  • 小型犬の中では比較的長寿の部類に入ります。

犬の年齢についての記事も参考にしてください。
犬年齢について

《ビションフリーゼの値段・価格帯》

ビションフリーゼの相場価格は、26万円前後
血統・顔・毛色・体の大きさや月齢などで変化します。

《ビションフリーゼについてのまとめ》

いかがでしたでしょうか?

魅力たっぷりのビションフリーゼですね!個人的には「ビションスイッチ」の特徴にやられました。

病気や発作ではないんですね…。さらに、性格で「周囲に気を使いすぎてストレスをため込む一面もあります。」なんと繊細ないいやつなんでしょう…(笑)

飼いやすくめちゃくちゃ愛らしいですよね!
ぜひ、家族に迎えてあげてくださいね★

犬の種類カテゴリの最新記事