【犬の種類】ぬいぐるみのような愛くるしさ「トイプードル」(Toy Poodle)

【犬の種類】ぬいぐるみのような愛くるしさ「トイプードル」(Toy Poodle)

《犬(トイプードル)データ》

「トイプードル(英名:Toy Poodle)」はフランスが原産の超小型犬種です。

 

プードルはフランス生まれの愛玩犬です。

  • 英語表記 : Toy Poodle
  • 原産国  : フランス
  • サイズ :  超小型犬

《トイプードルの歴史(ルーツ)》

プードルはフランスの代表的な犬ですが、トイプードルの発祥については、いろいろな説が存在するためはっきりわかっていないようです。

ロシアや中央アジア北部で、ヨーロッパを横断して最終的にドイツからフランスに入った説が最も有力のようです。

トイプードル存在の歴史について、15世紀にはドイツの人気画家「アルブレヒト・デューラー」の版画の中に、独特のカットが施されたトイプードルらしき犬が登場しています。

17世紀ごろになると、小型のトイプードルがフランスの上流階級のあいだで人気を博すようになり、やがて18世紀にはゴヤの絵画の中にも登場し、イギリスの上流階級の間でも人気があったとされています。

もともとはじめのころのプードルは、ドイツで猟犬としてカモ狩りに従事し、その後フランスでも猟犬として従事してたようです。

また、高級食材であるトリュフの探索もミニュチュアやトイプードルが従事していたようです。

プードルはとても器用な犬種のため、他にもパフォーマンスやサーカスドックとしても重宝されるようになります。

《トイプードルの特徴》

トイプードルは体長と体高がほぼ同じのスクエアタイプで、独特なカールをしている被毛に覆われています。

他の種類のプードルタイプに比べ、トイプードルは、聡明で愛情深く他人や他犬にもうまく接することができます。

さらに、運動能力が高く好奇心が強い。他のプードルタイプの種類の中で最も賢いといわれているようです。


《トイプードルの種類》

日本では、4つのサイズ(スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイ)に分類されています。

大きさは異なるもの、特徴や性質共にほぼ同じであるために、プードルの品種とされています。

  • スタンダードプードル
    ⇒ 元祖タイプのプードル
  • ミディアムプードル
    ⇒ 国によっては存在しない貴重なプードル
  • ミニチュアプードル
    ⇒ 日本では一番少ないタイプのプードル
  • トイプードル
    ⇒ 全体の98%で一番有名なタイプのプードル

はじめのころのプードルは鴨を狩る「水猟犬」として登場しています。

スタンダードタイプの大きさで、やがては16世紀ごろになるとフランスの上流階級から愛玩犬として飼わるようになります。

その頃から愛玩犬として、徐々に小型のサイズに改良されるようになります。

プードルはとても器用な犬種のため、他にもパフォーマンスやサーカスドックとしても重宝されるようになります。

<元祖タイプのプードル「スタンダードプードル」>

体高 45~60cm
体重 16~25kg

元祖タイプのスタンダードプードルは、プードルタイプの中でいもっとも大型のサイズに該当します。

日本では、全体の約1%程度のようです。

小さな頭に細長い手足を持ち、運動量が多いので毎日1時間ほどの散歩は欠かせません。

穏やかで賢いため、警察犬や盲導犬として活躍しています。

<国によっては存在しない貴重なプードル「ミディアムプードル」>

体高 38~45cm
体重 8~15kg

プードルの中で中型の大きさになります。

日本では、全体の0.3%にも満たないようです。

<日本で一番少ないタイプ「ミニチュアプードル」>

体高 28~38cm
体重 6~7kg

16世紀ごろから存在していたようで、愛玩犬として小型化されたプードルのようです。

このサイズのプードルは、すでに16世紀ごろから存在していたようです。

スタンダードプードルの美しい容姿が貴婦人達の注目を集め、愛玩犬として小型化されたプードルがミニチュアプードルと考えられています。

社交的で穏やかな性格ですが、スタンダードプードルやミディアムプードルと比べると、少し甘えん坊です。

聡明でスタンダードプードルよりも小さく扱いやすかったために、サーカスで芸を披露をすることが多かったといわれています。

<全体の98%で一番有名なタイプ「トイプードル」>

体高 24~28cm
体重 3~4kg

日本で最も多く存在しているトイプードルです。ダントツの人気を誇っています。

プードルといえば、「トイプードル」と言われるほどの知名度となっています。

特にトイプードルは、あまりにも人気のためにさまざまなブリーダーが存在するのも事実です。

利益目的のため、無理な繁殖、劣悪な環境での飼育などで、病気を抱えてしまったりすることが多いようです。

そのため、トイプードルを購入するときは、しっかり見極めることが大切になってきます。

※他にもさらに小さな「タイニープードル」「ティーカッププードル」も存在しますが、分類上は「トイプードル」になります。

<タイニープードル>
体高23cm前後、体重2~3kg

<ティーカッププードル>
体高20cm前後、体重2kg以下


《トイプードルの大きさ(サイズ)》

体高:24~28cm程度
体重:3~4kg程度

プードルは体のサイズで種類がわかれます。

<スタンダードプードル>
体高 45~60cm
体重 16~25kg

<ミディアムプードル>
体高 38~45cm
体重 8~15kg

<ミニチュアプードル>
体高 28~38cm
体重 6~7kg

<トイプードル>
体高 24~28cm
体重 3~4kg

- トイプードルの体型について -

トイプードルの体型は、「ドワーフタイプ」「ハイオンタイプ」「スクエアタイプ」の3種類があります。

<ドワーフタイプ>

胴長短足な体型のタイプです。
主にペットとして人気なタイプをしているのがこの体型です。

<ハイオンタイプ>
胴より足が長くスマートな体型をしています。
主にショーなどに登場するプードルのタイプです。

<スクエアタイプ>
ドワーフとハイオンの中間の体型タイプです。
胴の長さと足の長がほぼ同じで、横から見ると四角に見えることからスクエアタイプと言われています。

《トイプードルの被毛、毛色(何色・何色)について》

<トイプードルの毛色>

プイプードルの毛色はさまざまで、「レッド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「グレー」「ブラウン」「アプリコット」「シルバー」などがあります。

一番人気のある毛色がレッドです。

トイプードルといえば「テディベアカット」のトイプードルを連想する方も多いはずです。

※毛色によっては多少の性格に変化はあるようですが、基本的な部分は共通しています。

<トイプードルの被毛>

トイプードルの被毛の特徴として、「くるくるの被毛」「抜け毛が少ない」「匂いが少ない」ことが挙げられます。

次のページへ >>

犬図鑑カテゴリの最新記事