《犬に与える食べ物》犬にラムネは与えても大丈夫?

《犬に与える食べ物》犬にラムネは与えても大丈夫?

人間が食べるラムネ菓子ですが、愛犬が誤って食べてしまったりしてヒヤリとした事はありませんでしょうか?私の愛犬も食べてしまったので、慌ててしまいました。

そのため、今日はラムネ菓子について調べてみました。

また、同じラムネでも炭酸飲料のラムネもありますよね?合わせて調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

《犬にラムネ菓子は与えても大丈夫?》

答えは×に近い△!

犬にラムネを与えても少量なら問題ありませんが、キシリトールを含む場合があります。

ラムネの材料は、片栗粉やコーンスターチ、ブドウ糖または砂糖、クエン酸、重曹からできていますので、中毒になる成分は基本的には含まれておりません。

但し消化に悪く、消化吸収に時間がかかってしまうので、しばらく様子を見てあげてください。

《犬にラムネ菓子を与えるときの注意点》

糖分が多い

ラムネ菓子は犬にとって、糖分がかなり多く味が濃いので、糖尿病やドッグフードを食べなくなる恐れがあります。

キシリトールが使用されている場合があります

ラムネ菓子の最大に注意しなければいけない点はキシリトールの存在です。

甘味にキシリトールを使用している場合がありますので、食べてしまった場合は必ず「原材料、成分」を確認しましょう。

キシリトールが含まれる場合は、獣医さんに相談することも考えてください。

関連記事:犬にキシリトールを食べさせても大丈夫?

《犬にラムネ菓子を与える場合のまとめ》

犬にラムネを食べさせるということは、キシリトール摂取に繋がってしまいますので、リスクのある食べ物になってしまいます。

そのため、基本的に与えない方がよいでしょう。

もし、食べてしまった場合は焦らず成分表を確認し、キシリトールが含まれている場合は、すみやかに獣医さんに相談するようにしましょう。

特に小さなお子様のいるご家庭は、気を付けてあげてくださいね。

《犬にラムネ飲料は与えても大丈夫?》

答えは△!

犬にラムネ飲料を与えても少量なら問題ありませんが、糖分がかなり多く含まれています。

一口程度の少量なら、ラムネ飲料を飲んでも問題ありません。

しかし、ラムネは糖分炭酸が多く含まれているのでオススメできません。

ラムネ飲料は、ブドウ糖や砂糖が多く、香料などですので中毒になる成分は含まれていません。

《犬がラムネ飲料を与える時の良い点(メリット)》

犬がラムネ飲料を飲むメリットとして、ラムネ飲料は主成分がブドウ糖なので、低血糖になった場合の処置に利用されることがあります。

《犬にラムネ飲料を与えるときの注意点》

糖分が多い

ラムネ菓子と同様、糖分がかなり多く含まれていますので、健康への悪影響を及ぼします。

また、酸味料や香料などを含みますので、好きだからといって与え続けることは控えた方が良いでしょう。

胃捻転になる恐れがあります

炭酸ガスが含まれているので大量に摂取すると、お腹に炭酸ガスを多く含んでしまいます。

人間のようにうまくゲップができないため危険な状態になってしまう恐れがあり、「胃捻転」「胃拡張」の原因となります。

そのため、愛犬が苦しそうにしていたり、嘔吐やよだれがでている場合は動物病院に相談しましょう

《犬にラムネ飲料を与える場合のまとめ》

犬にラムネ飲料を飲ませることは、基本的にオススメできません。

理由は、糖分過多と炭酸ガスが含まれるためです。

少量なら問題ありませんが、大量に飲んでしまった場合は炭酸ガスがお腹の中にたまってしまい、胃拡張や胃捻転の原因となってしまいますので、与えないようにしましょう。

また、愛犬が苦しそうにしている場合は、様子を見て獣医さんに相談するようにしてくださいね。

犬に与える食べ物カテゴリの最新記事